四酸化三鉛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
四酸化三鉛
四酸化三鉛
IUPAC名 Trilead Tetraoxide
別名 四酸化鉛(IV)二鉛(II)
組成式 Pb3O4
式量 685.6 g/mol
結晶構造 正方晶系
CAS登録番号 1314-41-6
密度 9.90 g/cm3, 固体
水への溶解度 0 g/100 mL ( ℃)
融点 500 ℃(PbOに分解する)
出典 CRC
単位格子構造

四酸化三鉛(しさんかさんなまり、Pb3O4)は酸素からなる無機化合物の一種で、鉛と酸素の組成比が 3:4 のもの。別名は四酸化鉛(IV)二鉛(II)四三酸化鉛。赤色の正方晶系結晶で、顔料として用いられる場合などは鉛丹、光明丹とも呼ばれる。

塩酸には溶解するが、希酢酸にはほぼ不溶。

合成方法[編集]

四酸化三鉛は下記の通り、様々な合成方法がある。

参考文献[編集]

  • 日本化学会・編『第4版 新実験化学講座 16巻 無機化合物』 丸善、1991年