四谷大塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四谷大塚進学教室から転送)
移動: 案内検索
株式会社四谷大塚
Yotsuya Otsuka, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-0001
東京都中野区中野三丁目49番1号
設立 1954年昭和29年)12月
業種 サービス業
事業内容 中学受験指導、知能開発
代表者 永瀬 昭幸(代表取締役社長)
資本金 2,000万円
売上高 72億6,580万2千円(2011年3月期)
経常利益 1億2,459万4千円
純利益 △5,986万2千円(2011年3月期)
純資産 7億3,789万3千円
(2011年3月31日現在)
総資産

57億7,777万6千円
(2011年3月31日現在)

決算期 = 3月31日
主要株主 (株)ナガセ 100%
主要子会社 (株)四大印刷 100%
外部リンク http://www.yotsuyaotsuka.com/
テンプレートを表示

株式会社四谷大塚(よつやおおつか、英文名: Yotsuya Otsuka, Inc.)は、東京都中野区に本部を置く学習塾

概要[編集]

主な業務は小学生を対象とした中学受験学習指導。テキストの予習シリーズは、提携塾・準拠塾でも使用している他、中学受験用テキストの定番として有名。

2006年平成18年)10月より、東進ハイスクールを運営する株式会社ナガセの傘下となり、東進ハイスクールとは姉妹校の関係である。

沿革[編集]

  • 1954年12月 - 創立。駿台四谷分校と大塚予備校で「日曜教室」が開かれる。
  • 1960年 - 「予習シリーズ」完成、販売開始する。
  • 1978年 - 文部省(当時)新学習指導要領実施に備えて、教材の改訂版を発行。
  • 1981年 - 「合不合判定テスト」資料のコンピュータ処理がスタート。
  • 1985年 - 予習教室に男子御三家麻布開成武蔵)コースを新設。
  • 1986年 - 提携塾契約開始
  • 1987年 - 成績管理・在籍管理・受付業務にコンピュータを導入
  • 1989年 - 準拠塾契約開始
  • 1996年 - 低学年通信教育「リトルくらぶ」開始
  • 1997年 - 高学年通信教育「通信くらぶ」開始(現在は「進学くらぶ」に名称変更)
  • 1998年 - 「四谷大塚YTnet」開始
  • 1999年 - 低学年通塾指導「リトルスクール」一部の校舎にて開始
  • 2000年 - 「リトルスクール」全校舎にて開始
  • 2006年8月18日 - 東進ハイスクールを運営するナガセが四谷大塚及び四谷大塚出版の全株式を取得すると発表。
  • 2007年 - 「全国統一小学生テスト」開始、市ヶ谷校舎開校
  • 2008年 - 中学受験の全国ネットワーク「四谷大塚NET」開始、IT授業(予習ナビ・復習ナビ)スタート。あざみ野校舎開校
  • 2009年 - 大宮校舎開校、豊洲校舎開校
  • 2010年 - 教育情報誌「DreamNavi」創刊、横浜校舎開校
  • 2012年 - 「東進こども英語塾」を四谷大塚校舎の校舎で開校

特徴[編集]

  • 4年生以上は、四教科を専門教科の講師から教わる。
  • 現役の大学生大学院生ではない講師の比率が高い。アルバイトの大学生の多くは、試験監督や簡単な受付のほか、生徒管理や採点、印刷などに従事している。[要出典]
  • 理科実験教室(理科室)が設置されている校舎(お茶の水、中野、蒲田、町田、新横浜、津田沼、柏、南浦和)では、1年生から6年生まで「理科実験教室」を開講しており、「入門コース」「中学受験コース」が設置されている。また、お茶の水校舎のみ「最上級コース」の設置がある。
  • 「四谷大塚進学教室の歌」(作詞:石本美由起、作曲:宮田東峰)という歌がある。この歌は「よっくんの下敷き」に歌詞、楽譜が載っている。一時、会員にミヤタ・ハーモニカバンドの演奏によるカセットテープが配られていた。カセットテープの中で歌を吹き込んでいたのは、歌手の岡本敦郎

校舎一覧[編集]

1954年 中野校舎
1980年 お茶の水校舎
1986年 新横浜校舎
1990年 上大岡校舎
1992年 津田沼校舎
1993年 南浦和校舎
1994年 立川校舎、町田校舎
1995年
1996年 高田馬場校舎、大船校舎、蒲田校舎、所沢校舎
1998年 渋谷校舎
2003年 巣鴨校舎
2007年 市ヶ谷校舎
2008年 あざみ野校舎
2009年 大宮校舎
2009年 豊洲校舎
2010年 横浜校舎

リトルスクール[編集]

小学校入学直前の2月~小学3年1月までを、リトルスクールとして、直営校で開講している。1クラスの定員は、1年生10名、2年生12名、3年生15名に対して、担任講師1名とフォロー講師1名がつく。

このリトルスクールは、国語算数を学習する。4年生以上の学年は、国語・算数・理科社会 (教科)を学習するが、各教科毎に専門の講師がいるのに対し、リトルスクールは、低学年専門の講師が国語と算数を指導にあたる。 その低学年講師は、国語と算数を教える事によって、子ども一人一人の性格を知り尽くし、子どもの立場に立った時、精神面で安定が期待できる。

知識の詰め込みをするのではなく、知能を伸ばす事で学習能力を伸ばし、受験体制になる4年生のクラスへとつなげていくのが目的である。

進学くらぶ[編集]

4年生~6年生までの中学受験向けの通信教育。また、通塾生や、YTnet生と同じテストが、毎週金曜日に郵送で届く。

リトルくらぶ[編集]

1年生~3年生までの通信教育

CM[編集]

外部リンク[編集]