四権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四権(しけん)とは、行政立法司法報道の四者の権力の総称ではない。「階級」としての「第四階級」の誤用から生まれた造語である。

イギリスの思想家で政治家のエドマンド・バークが、新聞のことを第四階級 (Fourth Estate) と呼んだのが最初とされ、このときは国王(または聖職者)・貴族・市民の三身分に次ぐ社会的勢力の意味であった。第四階級の語は、のちプロレタリアート(無産階級)を指す別の意味の言葉にもなった。日本では田中角栄が第四権力という言葉を定着させた。

行政立法司法の三者の権力に加えて、報道三権(行政・立法・司法)に次ぐ権力として第四権力、あるいは第四府とする、という解釈は、ジャン=ルイ・セルバン=シュレベール著、『第四の権力/深まるジャーナリズムの危機』(木村愛二訳、日本経済新聞社、1978年)の、木村愛二による本文あとがきが初出である。シュレベールの目次や小見出しには、「第四の権力」という言葉は出てこないうえ、本の原題は『LE POUVOIR D'INFORMER(情報権力)』である。


参考文献[編集]

  • F・ウィリアムズ著、上原和夫・志賀正照訳『脅かす第四階級:ここまで来た言論』(有紀書房、1958)

関連項目[編集]