四月会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四月会(しがつかい)とは、創価学会細川連立政権下の公明党及び新進党に批判的な宗教団体や有識者の集まり。正式名称は「信教と精神性の尊厳と自由を確立する各界懇話会」だが、四月会というのが一般的。

概要[編集]

1994年5月に結成。母体は自民党憲法20条を考える会である。

1994年6月23日の設立総会には、当時野党であった自民党の河野洋平総裁・社会党村山富市委員長・新党さきがけ武村正義代表の3人が出席し歩調を合わせた。自社さ連立政権はその一週間後(6月30日)に成立したことから「四月会内閣」との異名がある。

5月結成なのに四月会と名付けた理由には、4月から検討したからという説と「死学会(しがっかい)」と創価学会の打倒を目的としたからという説がある。

1999年、自自公連立政権を進める小渕総理に反対し、総裁選で対抗する加藤、山崎両氏への支持を確認、あわせて公明党との連立に反対する議員への積極支援を表明。これに対し、野中官房長官が批判「総裁選に宗教団体がくちばしを入れるのは残念で、政教分離を口にされるならば、そういう団体も政教分離について責任を持って対応されるのが正しい政治と宗教のあり方だ」と発言し自民党内の対立が深まる。 民主党の有志議員が勉強会「宗教と政治を考える会」を発足。最高顧問に鳩山由紀夫幹事長代理、会長に熊谷選対事務総長。宗教団体側からは神道政治連盟、全日本仏教会、新日本宗教団体連合会、立正佼成会、仏所護念会教団などの関係者、四月会からは俵幹事が出席。俵氏「『四月会』は反創価学会だが、自民党の応援団ではない。自自公ということだから、小渕内閣には厳しく対応していかなければならない」。自民党以外の政党への支持を示唆。 総裁選は自自公連立政権を進める小渕総理が再選。

2001年解散。解散の直接の理由は、神道政治連盟(神社本庁)とインナートリップ・イデオローグ・リサーチセンター(霊友会増永派)が、2001年の参議院議員選挙に際して、反「自・公」のスタンスを取ることに難色を示し、同一歩調をとることができなくなったことによるが、1999年自自公連立政権成立から徐々に存在意義を失いつつあった。

「創価学会と公明党の関係を『政教一致』と批判しているが、政治権力をバックに宗教団体が他の宗教団体を攻撃すること自体が『政教分離の原則』に反している」という創価学会信者による批判がある[1]

組織[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 白川勝彦、俵孝太郎「小渕連立政権の「いやな感じ」--増長する不逞の輩にモノ申す」、『諸君!』2000年4月号、文芸春秋、2004年4月、 36-53頁、 ISSN 0917-3005