四戸龍英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 アルペンスキー
パラリンピック
1994 リレハンメル 大回転 LWXI
1994 リレハンメル 回転 LWXI

四戸 龍英(しのへ りゅうえい、1952年6月30日[1] - )は、青森県野辺地町出身のチェアスキー選手。中学、高校とスキー経験を持ち、大学生時代に全日本学生スキー選手権にむけて練習していたところ、鳴子滑降コースでの練習中に転倒し脊椎を損傷した。33歳のころからチェアスキーをはじめ、1988年にはインスブルックパラリンピックに出場し、初のパラリンピックに出場し2種目に出場しともに4位でおしくもメダルに手は届かなかった。その後も続けて毎回パラリンピックに出場し、1994年リレハンメルパラリンピックでは2種目で銀メダルを獲得した。1998年長野パラリンピックでは、日本選手団の主将として開会式で選手宣誓をし、大会後に引退を表明した。しかしその後復帰し、2002年ソルトレークシティパラリンピックにも出場を果たした。

出典[編集]

外部リンク[編集]