四摂法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四恩から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

四摂法(ししょうぼう)(:saṅgaha-vatthu, cattāri saṅgaha-vatthūni)とは、人々や集団をまとめる(摂)ための手段、方法のこと。四摂事(ししょうじ)、四恩(しおん)とも謂う。パーリ仏典長部の『三十二相経』『等誦経』などに説かれる。

構成[編集]

  1. 布施(ふせ、dāna)
    分かち合うこと。
  2. 愛語(あいご、piya-vācā)
    優しい言葉、気に入る言葉、心に訴える言葉。
  3. 利行(りぎょう、attha-cariyā)
    相手を利益する、為になる行為。
  4. 同事(どうじ、samānattatā)
    平等に接すること。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]