四川のうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
四川のうた
二十四城記
監督 賈樟柯
脚本 賈樟柯
翟永明
製作 賈樟柯
市山尚三
出演者 陳冲
音楽 林強
半野喜弘
撮影 余力為
王昱
製作会社 エクストリーム・ピクチャーズ
上海電影集団上海撮影所
華潤置地有限公司
バンダイビジュアル
テレビ朝日
ビターズ・エンド
オフィス北野
配給 ビターズ・エンド
オフィス北野
公開 2008年5月17日(カンヌ
上映時間 112分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
日本の旗 日本
言語 中国語
テンプレートを表示

四川のうた』(しせんのうた、二十四城記)は、賈樟柯監督による2008年の中国・日本合作の映画。

あらすじ[編集]

四川省成都市に位置する軍事工場が間もなく閉鎖されようとしている。この工場に勤めた者は10万人にも及ぶ。家族と生き別れた者がいて、初めての恋を経験した者がいる。「小花」と呼ばれて同僚の男性たちにもてはやされた者がいて、工員だった両親に家を買い与えるという夢を抱く者がいる。彼らは自らの半生を語り始める。そこには甘い思い出があり、苦い思い出があった。やがて「インターナショナル」の合唱が響く中、工場は崩れ落ちる。

キャスト[編集]

発表[編集]

2008年5月17日、第61回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にてプレミア上映された[1]

評価[編集]

Metacriticでは、11件のレヴューで平均値75点だった[2]Rotten Tomatoesでは、33件のレヴューで支持率91%だった[3]

脚注[編集]

  1. ^ Lim, Dennis (2008年5月19日). “Chinese filmmaker Jia Zhang-ke takes new approach with '24 City.'”. Los Angeles Times. 2014年10月27日閲覧。
  2. ^ 24 City”. Metacritic. 2014年10月27日閲覧。
  3. ^ 24 City (Er shi si cheng ji)”. Rotten Tomatoes. 2014年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]