四天王寺式伽藍配置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

四天王寺式伽藍配置(してんのうじしきがらんはいち)は、飛鳥時代の代表的な伽藍配置の一つ。

様式[編集]

南北に南大門中門金堂講堂が一直線上に並ぶ。大阪天王寺区四天王寺などにみられる。一塔一金堂式。

建築にあたって、中心軸となる南北線をどう設定するのか。7世紀前半に創建された四天王寺は真北にとっている。古代の寺院建築では軸線を真北に設定するのが基本で、中国に端を発する。

地方での例として愛知県岡崎市北野町の北野廃寺は、矢作川右岸の標高25メートルの碧海台地上に位置している。中門・塔・金堂・講堂が一直線に並ぶ伽藍である。参道も検出されている。かつては東西124メートル、南北147メートルの区画に建っていたらしい。古瓦から7世紀中頃から終わり頃の創建とみられ、7世紀半ばに溯る西三河最古寺院との評価が下されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]