四堺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四堺(しさかい)とは、平安京のある山城国四維(北西、南西、南東、北東の隅)にあたる大枝・山崎・逢坂・和邇の4つの地点の事。外部からの穢れが平安京へ侵入する進路と考えられていた。

平安時代中期以後に神道陰陽道によって穢れの意識が強くなると、穢れを外部へ放逐するために四角四堺祭を執り行ったり、非人(山崎には非人宿が置かれていたと言われている)や障害者(神道の国津罪に該当する)をこの外側に隔離して住まわせたりした。また、盗賊など平安京を追われた犯罪者やなどの妖怪変化の住まう地として人々に恐れられたりもした。

関連項目[編集]