四国同盟 (1815年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

四国同盟(しこくどうめい、英語: Quadruple Alliance)は、1815年11月20日パリ列強連合王国オーストリア帝国プロイセン王国ロシア帝国の間で締結された条約。条約は諸国が会議で協調することを定め、ヨーロッパにおける国際関係を強化した。同盟は1813年にフランスへの対抗としてはじめて結成された[1]。四国は相互援助を約し、同盟は1818年まで機能した[2][3][4]。1818年、フランスの加入を承認し、五国同盟に発展したが、1822年にはスペイン革命により崩壊した[5]

脚注[編集]

  1. ^ Merriam-Webster, Inc (2000). Merriam-Webster's Collegiate Encyclopedia. Merriam-Webster. pp. 1332–. ISBN 978-0-87779-017-4. https://books.google.com/books?id=V2d12iZkgOwC&pg=PA1332. 
  2. ^ Haro Frederik van Panhuys (20 October 1978). International Law in the Netherlands. BRILL. pp. 52–. ISBN 90-286-0108-2. https://books.google.com/books?id=2jlBMOBuV7MC&pg=PA52. 
  3. ^ John E. Findling (1989). Dictionary of American Diplomatic History. Greenwood Press. p. 429. ISBN 978-0-313-26024-7. https://books.google.com/books?id=RWJ2AAAAMAAJ. 
  4. ^ Thomas Dwight Veve (1992). The Duke of Wellington and the British Army of Occupation in France, 1815-1818. Greenwood Publishing Group. pp. 168–. ISBN 978-0-313-27941-6. https://books.google.com/books?id=N4nZFpNNQjAC&pg=PA168. 
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『四国同盟』 - コトバンク

関連項目[編集]