嗶哩嗶哩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嗶哩嗶哩 (bilibili)
URL https://www.bilibili.com
使用言語 中国語
タイプ 動画共有サービス
運営者 上海幻電信息科技有限公司
設立者 徐逸[1](⑨bishi)
収益 ビリコイン、電池提供、生放送アイテム、携帯ゲーム課金
スローガン 嗶哩嗶哩 - ( ゜- ゜)つロ 乾杯~
アレクサ
ランキング
世界: 135(2016年7月22日)
中国: 30(2016年7月22日)
営利性 営利あり
登録 任意
設立日 2009年 Mikufans.cn
2010年2月 bilibili.usに改名
2011年6月25日 bilibili.tvに改名
2012年8月から bilibili.kankanews.comをも使えるようになった
2014.6.16 bilibili.comに改名
現状 運営中

嗶哩嗶哩 (ビリビリ、bilibili) は中国の動画共有サイトである。B站や下記の特徴からビリビリ動画と呼ばれる。

ニコニコ動画が開発した弾幕と呼ばれる画面上にコメントを表示する機能を持つことが特徴であり、「bilibili弹幕網(bilibili弹幕网)」と称される。現在、猎豹移動(猎豹移动、Cheetah Mobile Inc.)の共同創業者陳睿簡体字: 陈睿)が会長である。運営法人名としては上海幻電信息科技有限公司 (Shanghai Hode Information Technology Co., Ltd.) である。

概要[編集]

元々はAcFun会員“⑨bishi”が2009年6月26日に設立した初音ミクのファンサイトである『Mikufans』を前身とする。AcFunは時々接続不能になることがあるので、MikufansはAcFunの安定した代替品として作られた。2010年1月24日、『とある科学の超電磁砲』の主人公御坂美琴の愛称である嗶哩嗶哩に改名[2][3][信頼性要検証][4]昔の嗶哩嗶哩は動画ファイルを自分のサーバにホストしたことがあるが、今の嗶哩嗶哩自体は動画ファイルをホストしない。動画ファイルは新浪騰訊などのサイトでホストされる。つまりひまわり動画と同じく「寄生型動画サイト」である。嗶哩嗶哩の看板娘はbilibili娘(にゃん)姉妹である。22娘が姉で、33娘が妹である。[5]

ユーザー登録には質問制度を採用。これらに正しく回答することで登録できる。Flashプレイヤーの他に、2016年8月25日にHTML5プレイヤーが開発されたことで両方使用可能。

嗶哩嗶哩の動画には日本の深夜アニメあるいはニコニコ動画からの転載が少なくない。中国国内の他のサイトからの転載もある。中国人たちによる二次創作物も数多くある。他の中国のサイトやYouTubeやニコニコ動画(仮)などと同じく、著作権法に違反した不正な物が流通されるという問題もある。

日本の番組と提携して正式コンテンツとして配信することがある。また、日本のアニメ系イベントに出展することもある。

嗶哩嗶哩に連携して遊べるゲームアプリも併設されている。これらに関して生放送でイベントを行うこともある。

沿革[編集]

  • 2009年6月26日 - AcFun会員“⑨bishi”がMikufansを開設。
  • 2010年1月24日 - bilibiliに名称変更。
  • 2011年 - Cheetah Mobile中国語: 猎豹移动)の共同創業者陈睿がエンジェル投資家として出資。法人として杭州幻電科技有限公司(杭州幻电科技有限公司)として設立された。
  • 2012年
    • 4月 - 中華人民共和国のインターネット視聴審査機関に無許可で公式の名義で日本アニメ「Fate/Zero」を配信していたが、関係機関に発見され第三回の配信までで配信終了となった。そのため中国のインターネットユーザー間で大騒ぎを引き起こした。⑨bishiは配信が関係機関から許可を受けて合法的に配信されたと思ったユーザーに謝罪したという。
    • 7月 - 上海広播電視台の関連企業上海メディアグループ(上海文化広播影視集団有限公司、SMG)の傘下に入る。
    • 10月 - ⑨bishiがある動画投稿者をひどく叱ってしまいサイト内で大変な騒ぎを引き起こした。この件で数十人の動画投稿者の怒りに触れたため、一万以上の動画が削除された。
  • 2013年2月 - 運営法人の本部を上海に移し、上海幻電信息科技有限公司(上海幻电信息科技有限公司)と改称。
  • 2014年
    • 11月 - 陳睿董事長に就任。
    • 11月26日、日本法人株式会社ビリビリを設立[6]
    • 12月 - bilibiliグッズショップを淘宝で開始。
  • 2015年
  • 2016年
    • 1月 - テレビ東京との取引を開始。
    • 3月 - アニメ制作会社、絵梦動画に投資。
    • 4月 - アニメ制作会社、翼下之風に投資。
    • 5月 - ゲーム開発会社、上海萌鯨網絡科技公司に投資。
    • 5月20日 - 旅行事業のbilibiliyooが銀河漫游指南 (Galaxy Tour) として独立。
    • 7月 - ゲーム開発会社、御宅游戯 (otaku game) に投資。
    • 9月 - ゲーム開発会社、水幻之音 (Nanjing AQUATRAX) に投資。
    • 9月 - ライトノベルサイト『軽文軽小説』に投資。
    • 10月 - スポンサー契約を締結した上海シャークスが上海嗶哩嗶哩籃球倶楽部に名称変更。
  • 2017年
    • 2月 - コミックサイト『日更計画』に投資。
    • 5月 - 嗶哩嗶哩影業(天津)有限公司の株式を上海尚世影業有限公司に譲渡。
    • 11月 - 漫動漫に投資。

正規版アニメ[編集]

2015年秋[編集]

など[10]

以上、中華人民共和国内の放送許可がある。

製作作品[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]