喜屋武岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平和之塔

喜屋武岬(きやんみさき)は、沖縄本島南西端に位置する岬で[1]沖縄県糸満市喜屋武に属する[2]

地理[編集]

一般には喜屋武岬が沖縄本島最南端と誤解されがちだが、東南東約1.4km離れた荒崎が実の最南端である[3][4]。1991年発行の『角川日本地名大辞典[2]によれば、当時の地形図には喜屋武地区の南西端を「喜屋武岬」としているが、そこから東へ約1km離れた慰霊碑「平和之塔」と灯台へ向かう場所に喜屋武岬の案内標識があるという。また大木隆志(2002年)[5]によると、地形図では喜屋武南西端に記された「喜屋武岬」が削除され、慰霊碑や灯台のある場所に当岬が表記されているという。

喜屋武岬一帯は琉球石灰岩海岸段丘を形成している。喜屋武南西端の海岸は約1mの平坦なカレンフェルトを成すが、荒崎付近は高さ約5m、灯台付近は高さ約30mの断崖となる[2]

地理院地図 Googleマップ 喜屋武岬の位置

喜屋武岬周辺の空中写真。画像中央付近の南端の岬が沖縄本島最南端の荒崎。その左上(西北西側)の波打ち際に大きな岩が複数ある地点が喜屋武岬。1977年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。


歴史[編集]

元来「喜屋武」(方言でキャン)は限度・到達を意味する「~まで」を表す「きやめ」から変化したと考えられる[6]。周辺住民は喜屋武地区の南西端の岬を「キャンサチ」(「キャンヌサチ」)、灯台近くの岬を「キャンミサキ」(「キャンミサチ」)と呼んで区別している。明治時代の水路誌には「喜屋武崎(埼)」と記され[1]国土地理院の『標準地名集』(1981年発行)には、「喜屋武崎(きやんざき)」とある[7]。またバジル・ホールマシュー・ペリーの探検記には当岬一帯を「サウス・ポイント(South Point )」と命名しているが、記述内容から荒崎を示す名称でないかと考えられる[8]

灯台の西方500mに国の史跡に指定されている具志川城跡があり、13 - 14世紀の中国陶磁器が出土している[5][1][9]。バジル・ホールは1816年10月14日に、喜屋武岬・荒崎一帯を巡航、近海に大きさ約10マイル(約16km)のサンゴ礁地帯が存在し、上陸は困難であったと述べている。翌日彼はようやく付近に接岸し、そこで出会った漁民と会話を交わしている。当地一帯は沖縄戦の激戦地で、米軍から逃げ場を失った住民・日本軍自決し最期を遂げた。当地一帯は沖縄戦跡国定公園に含まれている[2]

付近の史跡・施設[編集]

  • 平和之塔
  • 平和創造の森公園
  • 具志川城跡
  • 沖縄航空無線標識局

交通[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「喜屋武村」、『日本歴史地名大系』(2002年)、p.226下段
  2. ^ a b c d 「喜屋武岬」、『角川日本地名大辞典』(1991年)、p.306
  3. ^ 大木(2002年)、p.86
  4. ^ 島袋伸三「喜屋武岬」、『沖繩大百科事典 上巻』(1983年)、pp.872 - 873
  5. ^ a b 大木(2002年)、pp.82 - 83
  6. ^ 「喜屋武〈糸満市〉」、『角川日本地名大辞典』(1991年)、pp.301 - 302
  7. ^ 「喜屋武崎」、『標準地名集』(1981年)、p.190
  8. ^ 「荒崎」、『日本歴史地名大系』(2002年)、p.228下段
  9. ^ 「具志川グスク」、『日本歴史地名大系』(2002年)、pp.226 - 227
  10. ^ バスマップ沖縄

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度04分41.5秒 東経127度40分8.2秒 / 北緯26.078194度 東経127.668944度 / 26.078194; 127.668944