喜友名朝博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
喜友名 朝博
基本情報
本名 喜友名 朝博
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1962-04-28) 1962年4月28日(55歳)
出身地 沖縄県
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 23
KO勝ち 10
敗け 4
テンプレートを表示

喜友名 朝博(きゆな ともひろ、1962年4月28日 - )は、日本の元プロボクサーで、現在はトレーナー。沖縄県出身。

来歴[編集]

ワールドスポーツ・クラブジム(現・協栄ジム)に入門し、1981年11月18日、プロデビュー戦において有銘進を1RKOした。

プロ6戦目となる倉持正戦で初黒星を喫するが、その後は勝ち星を積み重ね、その間後の世界王者レパード玉熊もKOで下している。

1985年8月26日、野島嘉章が持つ日本ジュニアフライ級王座に挑戦し、10R判定の末、王座獲得。

1986年1月27日、挑戦者となった野島嘉章を最終10ラウンドにて判定勝利し初防衛。

同年6月14日、韓国に渡り、柳明佑(韓国)が持つWBA世界王座に挑むが12RKOで敗退。

1987年1月12日、大城幸成との日本ジュニアフライ級王座決定戦に出場。10R判定で勝利し王座を再獲得した。

1988年1月11日、大橋秀行に10R判定で敗れ王座陥落[注釈 1]

同年5月1日、小野健治を10RKOで下し、2度目の日本王座再獲得。

1989年1月23日、早山進に3RTKOで敗れ王座を失い、その後現役を引退した。

現在は本多ボクシングジムのトレーナー。

戦績[編集]

27戦23勝(10KO)4敗

脚注[編集]

[ヘルプ]
脚注
  1. ^ 大橋は直後に日本王座を返上し、WBC王座に挑戦。その後1階級下のストロー級で世界王者となっている。
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


第11代日本ライトフライ級王者
在位期間
野島嘉章 1985年8月26日 - 1986年6月(返上) 空位
(次タイトル獲得者:大橋秀行
第13代日本ライトフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:大橋秀行
1987年1月12日 - 1988年1月11日 大橋秀行
第15代日本ライトフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:大橋秀行
1989年1月23日 - 1989年9月12日 早山進