商人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

商人(しょうにん、しょうひと、あきびと、あきんど、あきゅうど)

  • しょうにん。商業職業とする者。商売を商い(あきない)ともいうことから「あきんど」と読むこともあるが、くだけた読みであり、公式の場では用いない。本稿で後述。
  • しょうにん。商法学における基本概念の一つ。
  • しょうひと。中国の古代王朝の一つである商()の国民若しくは出身者、又は彼らの子孫。中国で最も早くから、ある場所で安価で購入した物資をその物資に乏しい別の場所で高価で売却して差益を稼ぐことを生業とする者が現れた民族といわれており、上述した「しょうにん」の語源となったと言われているが、これは俗説のようである。
  • 比喩或いは皮肉として、利己主義、お金にがめつい人物を「商人」と評することがある。

概要

商人(しょうにん)とは、商品を他の商品との物々交換、あるいは貨幣とをもって交換を行う作業を仲介する職業商業)に従事する者を指す。

農業を尊んで商人を卑しい人間と見なす慣習(農本主義)がある。日本で独立した商人階層が形成されるのは、律令制と中小豪族が没落する平安時代中期以後であるとされる。市以外の場所で商売を行う者が出てくるようになる一方、有力な権門と結びつく者も現れるようになる。貞観6年(864年)に市籍人が貴族皇族に仕える事を禁じた命令が出されている。やがて、有力権門や寺社の雑色神人などの身分を得てその権威を背景に諸国と京都を往復して交易を行うようになる。やがて、権門や寺社を本所として仰いで奉仕の義務と引き換えに諸国通行自由・関銭免除・治外法権などの特権を保障された集団「」を結成するようになった。

商人

日本史

酒田

会津

直江津

近世の甲府城下町では甲府城南西に新府中が造成され城下町が形成され諸商人が存在しており、表通りに屋敷を構える家持層の大店では、甲府城下の中心部である八日町の若松屋や桝屋が代表的な商家として知られる。近代には消費都市としての低迷や旧城下町の衰退により甲府商家も没落し、若尾逸平、風間伊七、八嶋栄助ら座方に出自を持つ甲州財閥が新興勢力として台頭した。甲府商家では大木家が甲州財閥として地位を保っている。

小田原

駿府

清洲

安土

大坂

大湊

敦賀

小浜

姫路

尾道

赤間関

浦戸

博多

本庄宿

その他

世界史

商人とゆかりのある人物

関連項目