唯是一寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

唯是 一寿(ゆいぜ かずとし、1972年 - )は、日本の政策研究者、ロビイスト

来歴[ソースを編集]

1972年北海道小樽市生まれ。

小樽市議会初の女性議員だった祖母や国会議員秘書だった父らに囲まれて育つ。小学校から高校までは、地元・小樽で過ごす。

知人の会社経営者の秘書を務めるために上京。伊藤氏貴(現・明治大学文学部准教授)の勧めで、早稲田大学第二文学部に進学し、日本の政治思想および社会思想を専攻。働きながら卒業する。

早稲田大学大学院社会科学研究科在籍中に比較政治学と公共政策を学び、公共政策の担当教員だった太田和博専修大学商学部教授)の推薦で日本交通学会に入会。論文執筆や学会発表に取り組む。バスターミナルの適正配置および効率的活用に関する論文は、一部の研究者や地方自治体の担当者の間で注目された[1] [2]

大学院在学中から政府系シンクタンクの研究員、道路経済研究所のプロジェクト委員などを務め、道路政策や都市交通などの研究に力を注ぐ。同時期に、政策研究グループ「都市・地方振興フォーラム」を立ち上げ、ロビー活動や地域振興コンサルティングに取り組んだ。国会議員や首長のブレーンおよびアドヴァイザーを務めた関係上、東国原英夫(後述)、与謝野馨平沼赳夫らと親交が深い。

2009年10月25日執行の川崎市長選挙に、自由民主党川崎市支部連合会から出馬要請を受けていたが、最終的に辞退した[3]

2010年4月5日、たちあがれ日本の結党に伴い、党広報部長に就任[4]。10日の結党記者会見で司会を務め、メディアにも登場した[5]

2010年秋以降、政策情報調査機構(旧・政策科学研究機構)を主宰し、公共政策の調査・分析に携わりつつ、一般企業や医療法人の顧問を務めている。官公庁の政策・事業の立案・策定にも参画している。居住する港区での役職が多い。

2014年7月、港区行政評価委員会委員に就任。

2015年7月、港区景観審議会委員に就任。同年8月、業務用ドローンの適正利用を促進する業界団体、日本マルチコプター安全推進協会の設立に伴い、常務理事に就任、同年12月から副理事長[6]

人物[ソースを編集]

国会との関係[ソースを編集]

ジャーナリストだった祖父が昭和初期に国会で描いた絵画が衆議院憲政記念館に保存されている。一部が2004年の「尾崎行雄と議会政治特別展」で取り上げられ、協力者として衆議院から感謝状を授与された。

たちあがれ日本で知遇を得た、園田博之の政策研究会「園田博之と日本の未来を創る勉強会」で幹事を務める。

東国原英夫との関係[ソースを編集]

東国原の政界進出のきっかけを作り、政治・政策ブレーンとして東国原のブログやテレビ番組にもたびたび登場した。2003年夏の1ヶ月間、東国原と地方視察のフィールドワークに出かけた。その際、東国原の一番弟子である早川伸吾が「日本列島徒歩縦断」企画の真っ最中で、吉川敏夫(クロマニヨン吉川)と共に主要地点に激励に駆けつけた。平塚潤城西大学陸上部総監督)の勧めで、20代後半からジョギングを始め、東国原と共に箱根駅伝の合宿に参加したこともある。

2008年9月10日、『芸能界特別授業! 私はこうして生き残りました!』(MBS/TBS系)で、東国原についてインタヴューを受け、松榮大日本テレビ勤務)と共に思い出話を語った。

2009年6月23日古賀誠自由民主党選挙対策委員長)、伊達忠一(同副幹事長)に同行し、宮崎県庁を訪問。東国原国政転出問題で、双方をつなぐパイプ役として奔走したが、東国原の提示した条件が自民党に受け入れられず、合意に至らなかった[7]

東国原のブレーンとしてメディアに登場する機会が多いが[8]、あくまでも政治・政策に関するアドヴァイスにとどまり、選挙参謀としての活動はしておらず、2011年の都知事選では東国原陣営に加わらなかった。

学術業績[ソースを編集]

論文[ソースを編集]

  • 運輸と経済
  • 交通学研究 

学会発表[ソースを編集]

  • 日本交通学会関東部会(2006年)
  • 日本交通学会第65回研究報告会(2006年)

メディア[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

  • 芸能界特別授業! 私はこうして生き残りました!(MBS/TBS、2008年) - VTR出演
  • オレたち!クイズMAN(TBS、2009年) - アドバイザー
  • 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ、2010年) - コメント紹介
  • ワイド!スクランブル(テレビ朝日、2010年) - インタヴュー
  • ひるおび!(TBS、2010年) - インタヴュー
  • スッキリ!!(日本テレビ、2010年) - インタヴュー
  • 侃侃諤諤(テレビ朝日、2014年) - パネラー

ラジオ[ソースを編集]

  • FMおたる

雑誌[ソースを編集]

  • FRIDAY
  • 週刊文春
  • サンデー毎日
  • 現代
  • 週刊朝日
  • THEMIS
  • 財界さっぽろ

書籍[ソースを編集]

  • 共同通信宮崎支局編『総理を夢見る男 東国原英夫と地方の反乱』(梧桐書院、2010年)

家族・親族[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]