唐絵目利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

唐絵目利(からえめきき)とは、江戸時代中期に設けられた長崎奉行所の職種。清国から船載されてきた書画や器物の鑑定と価値の評価。さらに輸出入の交易品や鳥獣類などの写図の作成が主な職務であった。また長崎奉行所の御用絵師を兼務することが多かった。

概説[編集]

鎖国体制下でありながらオランダ中国と交易を認められていた唯一の港町長崎の特殊な環境からこの唐絵目利職が誕生した。ほかの奉行所にはなく長崎奉行所のみにあった地役人の職種である。本役・手伝(佐)・見習の3つがあった。

唐絵目利の第一号は延宝元年(1673年)に任命された。ついで元禄元年(1688年)に二人目が任ぜられ、宝永2年(1705年)に手伝が加えられた[1][2]。それぞれの氏名などは不詳ながら、元禄のひとりは小原慶山である可能性が高い。

唐絵目利派の祖として有名な渡辺秀石は元禄10年(1697年)にこの職に就いている。秀石は渡来僧逸然の高弟であり、北宗画風の中国絵画が公式に認められたことがわかる。秀石についで広渡一湖石崎元徳が任命され、荒木元慶も手伝に任ぜられ荒木元融のとき本役となった。以降の唐絵目利職は渡辺家石崎家広渡家荒木家の四家の世襲となって幕末まで続いた[3]

職務の目的から写実性が求められ、洋風画や黄檗派頂相などの写実的な画法を吸収しながら発展した。唐絵目利派として一派をなし、多くの画家を輩出した。江戸後期には石崎融思荒木如元などの洋風画家も現れ、また町絵師の川原慶賀とも密接な交流があった。

世襲系図[編集]

  • 渡辺家
 
初代秀石
 
2代秀朴
 
3代元周
 
4代秀渓
 
5代秀彩
 
6代秀詮
 
7代秀実
 
8代元洲
 
 
 
 
 
 
 
  • 石崎家
 
初代元徳
 
2代元章
 
3代元甫
 
4代融思
 
5代融吉
 
 
 
 
 
初代一湖
 
2代湖笛
 
3代湖春
 
4代湖亭
 
5代重次平
 
6代湖秀
 
7代猪三郎
 
8代湖月
 
9代虎蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代作三郎
 
11代為八郎
 
12代湖峰
 
13代大輔
 
14代丈輔
 
15代桂洲
 
 
 
 
 
 
  • 荒木家
 
初代元慶
 
2代元融
 
3代如元
 
4代大蔵
 
5代君瞻
 
6代善之焏
 
7代千洲
 
8代豊重郎
 
 
 
 
 
 
 

作品資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「宝永五子年役料高并諸役人勤方発端年号等」
  2. ^ 「寛延三年十月六日諸役人増減書付」に元禄10年(1697年)に唐絵目利と唐絵目利手伝が各一人設けられ、正徳5年(1715年)は2人、寛延3年(1750年)に3人に増員されたことが記述されている。
  3. ^ 4家の家格は渡辺家・石崎家が最も高く受用銀銀1貫500目。次いで広渡家1貫290目、荒木家440目の順であった。「慶応元年調査明細分限帳」
  4. ^ 古賀十二郎『長崎画史彙伝』

出典[編集]