唐・新羅戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

唐・新羅戦争(とう・しらぎせんそう)は、670年から676年に行われた新羅の戦争である。『韓国ブリタニカ百科事典』『韓国民族文化大百科事典』『斗山世界大百科事典』は、「羅唐戦争」と呼ぶ[1][2][3]

戦況[編集]

唐と新羅は、同盟を結び、660年百済を、668年高句麗を滅ぼした。しかし、唐は、百済の地に熊津都督府を、高句麗の地には安東都護府を設け、さらに新羅も鶏林州都督府として、新羅の文武王自身も鶏林州大都督とし、朝鮮半島全体を支配しようとした。このため唐と新羅は対立するようになった。文武王は、高句麗遺民の高句麗復興運動を支援した。670年3月、高句麗遺民軍と新羅軍が鴨緑江を渡り唐軍を攻撃し、戦争が始まった。また、新羅は高句麗の安勝を高句麗王にした。

新羅は、百済地域の唐軍も攻撃し82個城を奪い、671年には泗沘城を陥落させ、所夫里州を設置して、百済地域を占領した。671年10月、百済に向かっていた薛仁貴が率いる唐の水軍が、黄海で新羅の水軍に敗れた。

一方672年7月、唐軍と靺鞨軍が平壌を占領し、8月には韓始城と馬邑城も占領した。高句麗復興軍と新羅軍は、672年12月に白氷山で唐軍に敗れた。673年には瓠瀘河でも唐軍に敗れ、高句麗復興運動は衰えた。新羅は674年に安勝を百済地域に設けた報徳国の王とした。

674年1月、唐の高宗は文武王の冊封を取り消し、代わりに文武王の弟の金仁問朝鮮語版を新羅王に冊封した。文武王は、675年2月に謝罪使を派遣し、元の状態に戻った。

675年9月に新羅軍は、泉城で唐の薛仁貴の軍を破り、買肖城戦闘朝鮮語版でも李謹行の軍を破った。さらに、676年11月、新羅の水軍が錦江河口の伎伐浦海戦朝鮮語版で薛仁貴の水軍を破る。唐は、熊津都督府と安東都護府を遼東に移し、朝鮮半島から撤退した。この結果、新羅が勝利するようになり、朝鮮半島の三国統一をした。新羅は、戦争中も唐との朝貢冊封関係を維持し、唐の年号を使い続けていた[4]

解説[編集]

武烈王は唐に赴き、その強大な国力を直接見て、新羅が唐には敵わないということを理解し、武烈王は唐太宗の援助を引き出し、その代わりに唐の属国になることを選択した。武烈王の子の文武王は、父の従属政策を受け継ぎ、ギリギリのところで、唐に破壊的な行動を取ることを思い止まらせるため、唐・新羅戦争中も唐への朝貢を続け、唐との臣従関係を維持し、唐の年号を使い続けた[5]。唐はこのような新羅の面従腹背の態度を責め、文武王を廃し、人質となっていた文武王の弟を新羅王に据えようとしたが、文武王は謝罪使を唐に派遣し、詫びている[5]

戦況は、水陸両面で一進一退だった。大国の唐が苦戦したのは、西方のチベット人の国の吐蕃670年安西大都護府を攻め落とし、唐と開戦したことで、唐は西方と東方の二方面に兵力を割かれることとなり、さらに、北方では突厥契丹靺鞨(後に渤海を建国)なども唐と対立する[6]。こうした状況ののなかで、唐軍の士気は上がらず、焦りが募るばかりとなり、本来ならば、新羅のような小国が唐に対抗できるはずもないが、新羅にとって有利な状況が重なった[6]

脚注[編集]

  1. ^ “나당전쟁 羅唐戰爭”. 韓国ブリタニカ百科事典. オリジナルの2012年7月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/LPBx 
  2. ^ “나당전쟁 羅唐戰爭”. 韓国民族文化大百科事典. オリジナルの2013年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/Uo2b0 
  3. ^ “나당전쟁 羅唐戰爭”. 斗山世界大百科事典. https://www.doopedia.co.kr/doopedia/master/master.do?_method=view&MAS_IDX=101013000752184 2022年5月21日閲覧。 
  4. ^ 盧泰敦 (2010年). “古代東アジア国際秩序の再編と韓日関係” (PDF). 日韓歴史共同研究報告書(第2期) (日韓歴史共同研究): p. 411. オリジナルの2015年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150610215807/http://www.jkcf.or.jp/history_arch/second/1-07j.pdf 
  5. ^ a b 宇山卓栄 『朝鮮属国史 中国が支配した2000年』扶桑社扶桑社新書〉、2018年11月2日、23-25頁。ISBN 4594080804 
  6. ^ a b 宇山卓栄 『朝鮮属国史 中国が支配した2000年』扶桑社扶桑社新書〉、2018年11月2日、21-23頁。ISBN 4594080804 

関連項目[編集]