哈爾哈廟事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

哈爾哈廟事件(はるはびょうじけん)は、1935年に起きたモンゴル人民共和国満州国の国境をめぐる日ソ国境紛争である。

外蒙古兵の不法行為、国境侵犯は、満州国建国以来、頻発していたが、1935年1月8日、外蒙古兵が貝爾湖(ボイル・ノール)東北岸オランガンガ哨所に出現し、監視兵を脅迫し、撤退させ、満州国領である哈爾哈廟および付近の土地を占領し、哈爾哈廟に銃眼の構築、望楼の修築などをおこなった。

興安北警備軍は、事件調査のために指導官本多少佐を現地に派遣した。1月24日、興安北警備軍派遣部隊瀬尾中尉が、部隊とともに哈爾哈廟に接近しようとすると、十数名の外蒙古兵の一斉射撃を受け、瀬尾中尉ほか1名が戦死、ほかに数名の負傷者が出た。

報により、北警備軍騎兵第七団の主力は国境線の確保のために現地にむかい、また日本軍の応援をこうて、哈爾哈廟の外蒙古軍に対して1月27日までに国境外に撤退するように要求したが、これにおうぜず、ついに領土保全のために日満部隊は哈爾哈廟を包囲し、実力をもって彼らを追放した。

1月24日および日満軍による哈爾哈廟回復の報がつたわると、外蒙古およびソ連は、タス通信をもって、日本軍は外蒙古を侵犯したと逆宣伝した。

日満側は事件を平和裏に処理しようとし、満州里会議が開催されることが満蒙2国間で決定した。6月1日、満州里会議がはじまったが、成果を得ることができず、10月2日からの第二次会議も決裂におわった。


日ソ国境紛争