咸秉春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

咸 秉春(ハム・ビョンチュン、1932年2月26日 - 1983年10月9日)は、韓国外交官法学者

生涯[編集]

1932年、京城生まれ。京畿高等学校を卒業した後渡米し、ノースウェスタン大学経済学科を卒業、専攻を法学に変え1959年、ハーバード大学で法学博士号を取得する。1959年、延世大学校教授に着任、法哲学、英米法、韓国法制史の講義を担当し、新たな研究領域を開拓した。梁承斗と共同で韓国人の法意識に関する研究を実施、韓国語論文のほか英語論文を多数発表した。

1970年、朴正煕大統領の外交安全保障担当特別補佐官となり、1974年駐米大使として赴任した。朴正煕暗殺事件後は延世大学校教授に復帰し法哲学、東洋法制史、法人類学の講義を担当する。1982年全斗煥大統領の秘書室長に就任したが、1983年ビルマラングーン事件に巻き込まれて殉職した。

家族[編集]

咸秉春は副大統領を務めた独立運動家の咸台永の末子で、その長男に延世大学校政治外交学科の咸在鳳教授、次男に延世大学校法科大学の咸在鶴教授がいる[1]

注釈[編集]


公職
先代:
李範錫
大韓民国の旗 大韓民国大統領秘書室室長
1982 - 1983
次代:
姜慶植
外交職
先代:
金東祚
大韓民国の旗 在アメリカ合衆国大韓民国大使
第9代:1973 - 1977
次代:
金溶植