和霊神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.戦前の随神門
2.戦前の社殿の画像提供をお願いします。2016年9月
和霊神社
Warei Jinja 04.JPG
拝殿
所在地 愛媛県宇和島市和霊町1451
位置 北緯33度13分47秒 東経132度33分55秒 / 北緯33.22972度 東経132.56528度 / 33.22972; 132.56528 (和霊神社)座標: 北緯33度13分47秒 東経132度33分55秒 / 北緯33.22972度 東経132.56528度 / 33.22972; 132.56528 (和霊神社)
主祭神 山家清兵衛公頼公
社格県社別表神社
創建 承応2年(1653年
例祭 7月23日24日(和霊大祭)
地図
和霊神社の位置(愛媛県内)
和霊神社
和霊神社
テンプレートを表示

和霊神社(われいじんじゃ)は、愛媛県宇和島市にある神社旧社格県社

祭神[編集]

主祭神
公頼は伊達政宗の家臣であったが、1615年元和元年)政宗の長男・秀宗が宇和島に移封されるのに従い、宇和島藩家老として藩政を支えた。宇和島はそれまでの領主の悪政により疲弊していたが、公頼は租税軽減や産業振興を行い、効果を上げた。しかし、1620年(元和6年)に藩主秀宗は公頼を嫉妬する藩士による讒言を信じ、公頼はその息子らとともに殺害された(和霊騒動)。

沿革[編集]

神社は宇和島市街地の北端、鎌江城跡に鎮座する。公頼を慕う領民たちは、密かに城北森安の八面荒神の境内に小祠を設けて公頼一族の霊を祀った。その後、公頼殺害に関与した者が落雷・海難などにより次々と変死するなど異変が宇和島に巻き起こった。

また公頼の無実も判明したため、1653年承応2年)、秀宗は公頼を祀る神社を創建し、山頼和霊神社と称した。その後、参拝者が増大し社域が狭隘になったことから社地は向山(宇和島市立城北中学校内)、次いで森安へと移った[1]。さらに第四代藩主である伊達村年治世の1731年享保16年)3月27日には、「和霊社勧化を以造営在之ニ付、小関兵右衛門右奉行被仰付候事」となり鎌江城跡の一角に社地が再び移されることとなり、1735年享保20年)に現在地に遷座した[1]1919年大正8年)に県社に列した。1953年昭和28年)に神社本庁別表神社に加列された。

1945年(昭和20年)に空襲で焼失されたが、1957年(昭和32年)に見事再建された。当社の分霊を祀る神社が、四国・中国地方を中心に日本各地にある。

境内[編集]

社叢は1974年に市の天然記念物に指定される[2]

祭事[編集]

1月2日・3日には刀剣武術の居合いの奉納が行われる[3]。7月23日・24日の例祭和霊大祭と呼ばれる[4]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

ロケ地として[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 愛媛県生涯学習センター・データベース『愛媛の記憶』(和霊信仰)2019年6月17日 閲覧
  2. ^ 宇和島市のホームページ2019年6月17日 閲覧
  3. ^ 「サライの『神社大全』」、『サライ』(2011年1月号)、小学館 pp. 71p
  4. ^ 愛媛県生涯学習センター・データベース『愛媛の記憶』(和霊大祭)2019年6月17日 閲覧
  5. ^ 南海の狼火”. 日活. 2022年8月15日閲覧。
  6. ^ 和霊神社と龍馬脱藩祭 2019年6月17日 閲覧

外部リンク[編集]