和銅遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和同開珎大型モニュメント
和同遺跡の露天掘り跡

和銅採掘遺跡(わどうさいくついせき)は、埼玉県秩父市黒谷の和銅採掘露天掘跡を中心とする埼玉県指定旧跡である。

概要[編集]

元明天皇の時代に武蔵国秩父郡(現在の埼玉県秩父市)から自然銅(ニギアカガネ)が発見され、708年慶雲5年)正月11日に朝廷に献上された。これを大いに喜んだ元明天皇は、同日に元号を「和銅」に改元し、その後、日本最初の流通通貨となる和同開珎を発行した。その和銅が採掘されたとみられる露天掘跡は、今なお残されており、1922年大正11年)には埼玉県指定史跡、1961年(昭和36年)に埼玉県指定旧跡となった。

和銅採掘露天掘跡の近くには、和同開珎を模した巨大モニュメントが建てられている。

  • 和銅採掘露天掘跡(埼玉県指定旧跡)…1961年(昭和36年)9月1日指定
  • 黒谷製錬所址(秩父市指定史蹟)…1956年(昭和31年)3月25日指定

交通[編集]

和銅採掘遺跡への最寄り駅は、秩父鉄道秩父本線和銅黒谷駅である。駅から徒歩約5分で聖神社[1]、神社から徒歩約15分[2]で和銅採掘露天掘跡へ行くことができる。

※車で聖神社や和銅採掘露天掘跡(道路の幅員注意)に行く場合には、共に専用駐車場あり。

脚注[編集]

  1. ^ 聖神社までのご案内 - ゆの宿 和どう、2016年5月27日閲覧。
  2. ^ 和銅遺跡見学モデルコース - 秩父市和銅保勝会、2016年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度2分52.3秒 東経139度6分26秒