和田茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和田 茂樹(わだ しげき、1911年4月12日 - 2008年4月29日)は、愛媛県松山市出身の国文学者。愛媛大学名誉教授。

人物[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『愛媛の民俗芸能』愛媛文化双書刊行会 1971
  • 『愛媛文学の史的研究』和田茂樹先生退官記念事業会編 青葉図書 1977
  • 『俳人の書画美術 第7巻 子規 鳴雪・青々・霽月・月斗・為山・極堂』集英社 1979
  • 『子規の素顔』愛媛県文化振興財団 1998 えひめブックス
  • 『人間正岡子規』関奉仕財団 1998

共編著[編集]

  • 『大山祇神社連歌』編 大山祇神社社務所 1958
  • 小林一茶『寛政七年紀行』編著 愛媛出版協会 1967
  • 桑折宗臣『大海集』編 青葉図書 1974-82 愛媛大学古典叢刊
  • 『子規と周辺の人々』編 愛媛文化双書刊行会 1983
  • 『大山祇神社法楽連歌』編 大山祇神社社務所 1986
  • 『漱石・子規往復書簡集』(編)岩波文庫 2002

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 愛媛新聞(2018年1月19日付、3面)
  2. ^ 松山市ホームページ(松山市栄誉賞表彰・2002年)