和田琢磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

和田 琢磨(わだ たくま、1972年(昭和47年)7月11日 - )は、埼玉県蓮田市生まれの歌手城西国際大学出身。

人物紹介[編集]

1990年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストファイナリスト、フジテレビゴールド・ラッシュ!」でチャンピオンを経てスカウト。「Sweet Beat Swing/Go!Paradise(JR西日本CMソング)」でメジャーデビュー。「SweBe」と改名後は日本テレビ「THE夜もヒッパレ」にレギュラー出演。SweBe解散後、「EVERGLADES」でソロメジャーデビュー。

現在は和田琢磨名義の他、琢磨とサツミ「肉汁物語」で日本初のフード歌謡歌手としても活動中である。他にも牛角キムチのスーパー店頭キャンペーンソングやはすだ太郎名義の「ラーメン行進曲」、まるぶ本舗イカめしイメージソング「イカくさい男の唄」などを手がけ、フード歌謡歌手の地位を確立している。

2007年9月、ミュージカル「ラムネ」で役者デビューも果たす。

最近は楽曲提供やプロデュース作品なども多く、西田ひかる、VENUSやGravity、Junkie Sistaなどに曲を書き下ろしている。

埼玉新聞 環境キャンペーン「エコ贔屓」初代広報大使を務める。

ECOユニット「にゃんたぶぅ」の『たくまん』としても活動中。プロデューサーとしても活躍。

(財)省エネルギーセンター 省エネコンシェルジュ として全国の小学校などにECOの講師としての活動もしている。

なお、「にゃんたぶぅ」は埼玉県知事公認の「勝手に埼玉応援隊」に任命された。長野県松川町広報大使、埼玉県蓮田市広報大使、広島県三原市ふるさと大使でもある。

ゴスペルユニット「Everything get to be good」のメンバーとしても全国ツアーをしている。

CD[編集]

和田琢磨名義[編集]

アルバム[編集]

  • 声玉〜こえだま〜・TAKU*MAX
  • 歌玉〜うただま〜・TAKU*MAX

にゃんたぶぅ名義[編集]

  • 多数あり

シングル[編集]

  • EVERGLADES (ソロメジャーシングル)
  • 愛を見つけたんだよ(2007年9月25日発売)・R-taid
  • save the EARTH〜地球が叫んでいる〜(2008年1月30日発売)・省エネルギーセンターENEX2008オフィシャルソング

琢磨とサツミ名義[編集]

シングル[編集]

Love Rings名義[編集]

シングル[編集]

  • Everyday Everytime・TAKU*MAX

はすだ太郎名義[編集]

  • ラーメン行進曲(大島ラーメンで販売中)

その他[編集]

  • おかあさんといっしょに!ベストソング2・KS CREATE
  • イカくさい男の唄(まるぶ本舗WEBで販売中)

舞台[編集]

  • ミュージカル「ラムネ」(アミューズ)
  • 「茶番劇」(TEAM6g)
  • ミュージカル「CABACRAT」(JUNKIE SISTA)
  • ミュージカル「もてたい男」(STUDIO JAZZ) キース役

映画[編集]

  • 「一葉の桐」(コバトンTHEムービー)飯島栄吉 役
  • Sea Opening」(2018年2月)- 片桐幹生 役[1]

インターネットテレビ[編集]

  • pinkish青木麻実のHolyday Afternoon(2008年4月 - 2008年6月、スティッカムTV)
    ご意見番として和田琢磨が青木麻実と共にMCを担当した。

ラジオ[編集]

インターネットラジオ[編集]

  • SWEET BEAT EMOTION (2005年4月10日 - 2006年7月21日、BEAT☆Net Radio!)[3][4]
    三重野瞳とパーソナリティーを担当していた。
  • pinkishのGirls Sound Netradio(2007年5月 - 2008年3月、キャステラ)
    番組開始当初は和田琢磨がMCを担当していたが、舞台出演の為降板。その後は、ピンキッシュメンバーが交替でMCを務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CAST”. 【映画】Sea Opening. 2017年5月4日閲覧。
  2. ^ 「ダイヤのA The RADIO」 1月5日(木)スタート!!”. トピックス. 文化放送 (2016年12月29日). 2017年2月3日閲覧。
  3. ^ SWEET BEAT EMOTION”. 三重野瞳非公式ページ かぜのつばさ. YUTAKA. 2017年2月3日閲覧。
  4. ^ ああ、遂にこの日が。”. 三重野瞳&和田琢磨 SWEET BEAT EMOTION. バンダイビジュアル (2006年7月21日). 2010年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]