この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

和田晃一良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わだ こういちろう
和田 晃一良
生誕 (1990-11-01) 1990年11月1日(27歳)
日本の旗 日本 埼玉県入間市
出身校 西武学園文理高等学校
東京工業大学工学部経営システム工学科(中退)
職業 実業家
プログラマ
受賞 WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016

和田 晃一良(わだ こういちろう、1990年11月1日 -[1])は日本の実業家、仮想通貨取引所「コインチェック」開発者、同取引所を運営する「みなし業者」コインチェック株式会社代表取締役。

来歴

埼玉県入間市出身[2][3]西武学園文理高等学校卒業、AO入試東京工業大学に入学、工学部経営システム工学科に進む[4]。大学在学中、2012年にレジュプレス(後に「コインチェック」)を知人と創業し大学は中退[5][6][7][2]、2014年から同社代表取締役[8]。同社では代表取締役を務める他、ビットコインなどのウォレット・取引所「コインチェック」(coincheck)の開発者[1][8]でもある。WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016受賞[7]。日本仮想通貨事業者協会理事(2017年-)[9]。日本ブロックチェーン協会監事[1]。2017年、コインチェックアドバイザーとして西條晋一を招聘[10]

2018年1月26日、経営するコインチェックから不正な資金流出が発生し、原因究明のためほぼ全通貨の取引を停止したため、顧客は大騒ぎとなった[11]。同日深夜、同社は記者会見を開き、円換算で約580億円が不正に流出した事実と、原因を調査中であることを発表し、取引一時停止で迷惑をかけていることを謝罪した[12]。 なお、最悪のケースとして「顧客の資産を毀損し、返せないこと」を挙げた。同社が国際団体から推奨されていた、安全性の高い「マルチシグ」と呼ぶセキュリティー技術を導入していなかったことも明らかになった。「認識はしており、やらねばならないとも思っていた」と弁明したが、利用者保護が後回しになっていた形が浮き彫りとなる形となった。 同社は「見なし業者」として未だ現在、尚も営業は続けている。破産申告の言及はしていない状況である。

受賞

  • 第3回開発コンテスト24優勝
  • WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016受賞

出典

  1. ^ a b c https://coincheck.com/contents/team-member
  2. ^ a b ビットコイン取引所を運営 和田晃一良レジュプレス社長:日本経済新聞 2017/1/1 2:30 日本経済新聞 朝刊
  3. ^ https://ja-jp.facebook.com/wadako111
  4. ^ https://storys.jp/story/167
  5. ^ ビットコイン取引所「コインチェック」27歳創業社長の素顔。 BUSINESS INSIDER JAPAN、2017年12月28日更新、2018年1月27日閲覧(Yahooニュース)。
  6. ^ http://corporate.coincheck.com/
  7. ^ a b ビットコインが、自由を取り戻すためのカギとなる──和田晃一良|WIRED.jp TEXT BY SATORU KANAI 2016年7月27日
  8. ^ a b 「金融サービスの開発期間はたったの1か月」ビットコインプログラマーに聞く、政府も後押しする新通貨の今 2015年7月10日、CODEZINE
  9. ^ 本協会理事・監事の改選と新理事体制について 2017年7月3日 一般社団法人日本仮想通貨事業者協会
  10. ^ コインチェックに西條晋一氏がアドバイザー就任、WiLとして出資も THE BRIDGE、2017年11月28日更新。
  11. ^ コインチェック、不正流出の疑い調査 数百億円規模か 日本経済新聞、2018年1月26日更新。
  12. ^ 仮想通貨が消失 取引所大手コインチェックが深夜の記者会見 約580億円分の不正流出産経ニュース、2018年1月26日更新。

外部リンク