和田傳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
和田伝から転送)
移動先: 案内検索

和田 傳(わだ つとう、1900年明治33年)1月17日 - 1985年10月12日)は、神奈川県厚木市生まれの文学作家。一般的には「わだ でん」と呼ばれている。農村を舞台とした作品を得意としている。代表作に「沃土」、「大日向村」、「日本農人傳」、「鰯雲」などがある。

経歴[編集]

  • 神奈川県愛甲郡南毛利村(現在の厚木市南毛利)の恩名に生まれる。祖父に禎吉、父に又三郎、母にそめを持つ。
  • 1912年(明治45年)‐神奈川県立厚木中学校へ進学。
  • 1919年大正7年)‐早稲田高等予科に入学。
  • 1921年(大正9年)‐早稲田大学仏文科に入学。
  • 1923年(大正12年)‐早稲田大学仏文科を卒業。初めての作品となる「山の奥へ」を発表。
  • 1925年(大正14年)‐厚木中学校初代校長の長女、大屋美津子と結婚。
  • 1926年(大正15年)‐長女「梓」生まれる。
  • 1937年昭和12年)-「沃土」で第1回「新潮社文芸賞」を受賞。一躍有名となる。
  • 1954年(昭和29年)‐日本農民文学会の初代会長となる。
  • 1955年(昭和30年)‐神奈川文化賞を受賞。
  • 1980年(昭和55年)‐勲四等旭日小綬章を受章。
  • 1985年(昭和60年)‐厚木市初の名誉市民となる。同年10月24日、登戸病院で結腸ガンのため死去。享年85。

発表作品[編集]

小説の他、評論や随筆、伝記などを著した。 ここでは、再版・改訂版などは除いて、「小説名」(発表月日)で表記している。

小説[編集]

  • 1923年(大正12年)
    • 「山の奥へ」(7月1日)
  • 1924年(大正13年)
    • 「徒労」(4月1日)
    • 「峠」(7月1日)
    • 「巣中囁語」(11月1日)
  • 1925年(大正14年)
    • 「黄道」(4月1日)
    • 「少年」(8月1日)
  • 1926年(大正15年)
    • 「圄園」(2月1日)
    • 「勘兵衛とその死」(2月1日)
    • 「山峡記」(6月1日)
    • 「踊」(6月1日)
    • 「密漁と鮎とうぐひ」(7月1日)
    • 「応酬」(8月1日)
    • 「毒矢」(9月1日)
    • 「別宴」(9月1日)
    • 「野猿」(12月1日)

著書[編集]

  • 自然・田園・農人 文明協会 1928 (文明協会ライブラリ)
  • 平野の人々 砂子屋書房 1936
  • 村落裸記 協和書院 1937 
  • 物置と納屋 沙羅書店 1937 
  • 沃土 砂子屋書房 1937 
  • 五風十雨 随筆集 砂子屋書房 1938 
  • 湿地 小説集 新選純文学叢書 新潮社 1938 
  • 螟虫と雀 短編集 新農民文学叢書 第1編 砂子屋書房 1938 
  • 生活の盃 新潮社 1938 
  • 風土 教材社 1938 
  • 海を渡る人々 教材社 1939 
  • 大日向村 朝日新聞社 1939 
  • 藁草履 新選随筆感想叢書 金星堂 1939 
  • 殉難 他三篇 新撰名作叢書 第1巻 金星堂 1939 
  • 家長 生活文学選集 春陽堂 1939 
  • 若い地 新潮社 1939 (土の文学叢書)
  • 隣り同志 砂子屋書房 1939 
  • 生活の畝 昭和書房 1940 
  • 草原 河出書房 1940 
  • くろ土の唄 三笠書房 1940 
  • 平野の朝 実業之日本社 1941
  • 船津伝次平 新潮社 1941 (土の偉人叢書)
  • 部落の道 桜井書店 1941 
  • 麦笛 実業之日本社 1941 
  • 篤農伝 河出書房 1941 
  • 土に生きる人々 大日本雄弁会講談社 1941 
  • 二宮金次郎 小學館 1941.12 (子供のための傳記)
  • 婦人が推進する町 静岡県磐田郡 翼賛図書刊行会 1942 (村の調査報告)
  • 名町長の町 静岡県新居町 翼賛図書刊行会 1942 (村の調査報告)
  • 熊沢蕃山 偕成社 1942 (伝記文庫)
  • ここに泉涌く 海南書房 1942
  • 野に母あり 錦城出版社 1942 
  • のにひかりあふれて 三省堂 1942 
  • 野の真珠 錦城出版社 1942 (国民文学叢書)
  • 薔薇咲きて 小学館 1943
  • 人々地につながりて 海南書房 1943 
  • 石川理紀之助 三省堂 1943
  • 日本の村長 鶴書房 1943 
  • 山峡に人美はし 今日の問題社 1943 
  • 山彦 偕成社 1944
  • 日本の農家の話 柴山教育出版社 1944 
  • 父祖の声 新潮社 1944 (新作青年小説叢書)
  • 一糸紊れず 蚕糸界の先覚波多野鶴吉 農業之日本社 1944
  • 日本の婦人 海南書房 1944 
  • よみがへる地平線 紀元社 1944 
  • 農村生活の伝統 新潮社 1944(新潮叢書)
  • 増産班長 新太陽社 1945 
  • 草茅記 生活社 1946 (日本叢書)
  • 霜雪 農業技術協会 1948
  • 平野の虹 有恒社 1948
  • 流域 海南書房 1948
  • 沼 青朗社 1948 (書下し長篇選書)
  • 金原明善 治水と植林の父 ポプラ社 1952 (偉人伝文庫)
  • 上杉鷹山 勤倹殖産の父 偕成社 1952 (偉人物語文庫)
  • 大原幽学 農村改革の先駆者 ポプラ社 1953 (偉人伝文庫)
  • ペスタロッチ 愛の教育家 偕成社 1953 (偉人物語文庫)
  • 宮沢賢治 野の天才詩人 ポプラ社 1954 (偉人伝文庫)
  • 二宮尊徳 朝倉書店 1954
  • 日本農人伝 巻1-5 家の光協会 1955
  • 灯をかかげて かくれたる偉人 1-10 ポプラ社 1956 
  • 新しい村づくり 池田書店 1956
  • 鰯雲 池田書店 1957 のち角川文庫
  • 土を愛した人 国土社 1959 (みつばち図書館 1)
  • 風の道 新潮社 1961
  • 門と倉 第1-3部、続 家の光協会 1972-74
  • 家父長 明治の詩 家の光協会 1977.10
  • 和田伝全集 全10巻 家の光協会 1978-79

翻訳[編集]

  • 田舎医者 バルザツク傑作叢書 新潮社 1923 
  • ラマンチョオ /ピエェル・ロテイ 新潮社 1924 (現代仏蘭西文芸叢書)
  • 世界田園文学 名作選集 文教書院 1927 
  • 贋金 ラミュズ 三笠書房 1939 
  • 今昔物語 小学館 1942 (現代訳日本古典)
  • 森の笛師 ジョルジュ・サンド ポプラ社 1951 (世界名作物語)
  • 和田傳 單行本書目稀覯本の世界