和泉 (川崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和泉
多摩川河川敷に広がるグラウンド(2011年10月2日撮影)。
多摩川河川敷に広がるグラウンド(2011年10月2日撮影)。
和泉の位置(神奈川県内)
和泉
和泉
和泉の位置
北緯35度37分49.5秒 東経139度33分49.3秒 / 北緯35.630417度 東経139.563694度 / 35.630417; 139.563694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
多摩区
面積
 • 合計 0.09km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 0人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
214-0000[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎
マクセルスリオンテックの工場(2011年10月2日撮影)

和泉(いずみ)は、神奈川県川崎市多摩区大字2010年11月22日現在、住居表示は施行されていない[5]。この町域独自の郵便番号は存在しない。面積は0.09km²[1]2017年12月31日時点での人口住民基本台帳外国人登録を基準として)は、0人(0世帯)である[2]

地理[編集]

多摩区の北部に所在し、約3分の2を多摩川河川敷堤防が占めている[6]。残りの堤内地はマクセルスリオンテック事業本部の工場敷地となっており、人家はない[7]

和泉は北東端で多摩川を挟んで東京都狛江市元和泉と、南端では登戸と、西端では中野島と接する(特記のない町域は多摩区)。

歴史[編集]

江戸時代の当地は対岸と同じ多摩郡和泉村に属しており、多摩川の流路が北寄りに変化したことにより、当地が飛地となった[6]。その後、明治末に府県境が変更され、当地は神奈川県に属することとなった[6]。ただ、「西南河原」[7]という小字が示すように、多摩川の氾濫原であり、人家や田畑としての土地利用ができず、雑木林となっていた。そのため、「薪場」と呼ばれ、を採取する入会地となっていた[6]。堤防の整備がなされてからは、戦時中に菅原電気(現マクセルホールディングス)の工場が建設され[7]、これは現在まで操業を続けている。

町名の由来[編集]

現在の狛江市側にある泉龍寺の湧き水を村に用水として引いたことに由来する。古くは「出水」とも表記された[7]

沿革[編集]

  • 江戸時代 - 当地は多摩郡和泉村の飛び地であった。
  • 1889年明治22年) - 和泉村などが合併して狛江村が成立。当地は東京府北多摩郡狛江村大字和泉の飛び地となる。
  • 1912年(明治45年) - 府県境が変更され、当地は神奈川県橘樹郡稲田村に編入される[7]
  • 1932年昭和7年) - 稲田村が町制を施行し、稲田町となる。
  • 1933年(昭和8年) - 多摩川に堤防が築かれる[6]
  • 1938年(昭和13年) - 稲田町が川崎市に編入される。川崎市和泉となる。
  • 1941年(昭和16年) - 菅原電気(現マクセルホールディングス)の工場が建設される。
  • 1972年(昭和47年) - 川崎市が政令指定都市に移行、当地は多摩区和泉となる。
  • 1990年平成2年) - 川崎市住宅供給公社により分譲マンションが建設され、住民のいる町となる[6]
  • 1991年(平成3年) - 隣接する中野島住居表示が施行される[5]。前述のマンションも境界変更で中野島五丁目の一部となった[8]結果、和泉は再び人口ゼロの町域となった。

交通[編集]

バス[編集]

当地を通る路線バスは存在しないが、近隣に「和泉」というバス停が設置されている[6]

道路[編集]

施設[編集]

学区[編集]

公立の小中学校の学区は、和泉全域で川崎市立中野島小学校川崎市立中野島中学校となっている[10]。ただし、当地には小中学生を含め住民が現存しない(前述)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ a b 区別町名一覧表(多摩区)”. 川崎市 (2016年2月16日). 2017年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 「川崎市の町名」 日本地名研究所編、川崎市発行、1991年、P227~228。
  7. ^ a b c d e 「川崎地名辞典(下)」 日本地名研究所編、川崎市発行、2004年、P104~106。
  8. ^ 住居表示新旧対照案内図 No.61 中野島1, 2, 3, 4, 5, 6丁目、布田 川崎市、1991年。
  9. ^ アクセス:マクセルスリオンテック事業本部 2017年10月7日閲覧。
  10. ^ 多摩区の小学校 川崎市、2011年9月23日閲覧。
    多摩区の中学校 川崎市、2011年9月23日閲覧。