和歌山南陵高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和歌山南陵高等学校
過去の名称 和歌山国際海洋高等学校
国際開洋第二高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人南陵学園
校訓 三恩十徳
設立年月日 1990年
創立者 井脇ノブ子
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
通信制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース アスリート・芸術コース
進学I類コース
進学II類コース
高校コード 30508B
所在地 649-1443
和歌山県日高郡日高川町和佐2223番地の5

北緯33度53分8.2秒 東経135度12分16秒 / 北緯33.885611度 東経135.20444度 / 33.885611; 135.20444座標: 北緯33度53分8.2秒 東経135度12分16秒 / 北緯33.885611度 東経135.20444度 / 33.885611; 135.20444
外部リンク 公式サイト (日本語)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

和歌山南陵高等学校(わかやまなんりょうこうとうがっこう)は、学校法人南陵学園が運営する和歌山県日高郡日高川町にある私立で共学の高等学校である。

概要[編集]

元衆議院議員の井脇ノブ子が設立。2010年平成22年)まで校長と法人の理事長を務めた。以前はモンゴルからの留学生も在籍していた。南陵学園の民事再生法適用に絡み、2012年4月より一時休校していたが、2016年4月より再開校した。なお、開校当初の校名に海洋が付いたが、所在地の川辺町(のち日高川町)は海に面していない。

2016年の再開校に伴い、元オリックス・バファローズ2軍監督の岡本哲司が3年間野球部監督をつとめた[1]

沿革[編集]

  • 1990年(平成2年)- 1985年に静岡県に開校した国際海洋高等学校(現・菊川南陵高等学校)の兄弟校として、和歌山国際海洋高等学校の校名で開校。
  • 1997年(平成9年)- 校名を国際開洋第二高等学校に改称。
  • 2010年(平成22年)- 井脇ノブ子が理事長及び校長を退任。
  • 2011年(平成23年) - 2011年度をもって一時休校とし、在校生徒を菊川南陵高等学校で受け入れること、2012年(平成24年)度の生徒募集を行わないことを発表。
  • 2016年(平成28年)- 校名を和歌山南陵高等学校に改称し再開校[2]。当面はスポーツコースの学生のみが在籍する[1]
  • 2022年(令和4年)5月 - 給料の未払いなどにより教職員が3日間のストライキを決行し授業が中止される。和歌山県内の私立高校でのストライキは初めて[3]

学科[編集]

  • 全日制普通科
    • アスリート・芸術コース
    • 進学I類コース
    • 進学II類コース
  • 通信制普通科
    • 自宅型

著名な出身者[編集]

  • 羽畑公貴(サッカー選手、現サッカー部監督)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]