和歌体十種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和歌体十種』(わかたいじっしゅ)は、天慶八年(945年)、紀貫之の門弟であり『古今和歌集』の撰者の一人である壬生忠岑が著した歌論書。

その漢文の序において、和歌の体を「古歌体」・「神妙体」・「直体」・「余情体」・「写思体」・「高情体」・「器量体」・「比興体」・「華艶体」・「両方体」の十種に分類している。