和多屋別荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 和多屋別荘
Wataya Besso Corp.
Wataya Besso.jpg
和多屋別荘 外観
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 和多屋別荘
本社所在地 日本の旗 日本
843-0301
佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738
設立 1950年11月3日
業種 サービス業
事業内容 旅館業
代表者 小原嘉元(代表取締役社長)
関係する人物 小原嘉登次(創業者)
黒川紀章(設計)
外部リンク 嬉野温泉 和多屋別荘
テンプレートを表示

和多屋別荘(わたやべっそう、会社名:株式会社和多屋別荘)は、佐賀県嬉野市本社を置く旅館業を営む企業、ならびに温泉旅館の名称。

概要[編集]

佐賀県嬉野温泉の老舗温泉旅館。嬉野川を挟む3万坪の敷地に、黒川紀章設計の「タワー館」や江戸時代長崎街道を再現した「花鳥苑」、小露天風呂付の部屋を備えた「みやび館」、和室「温泉郷」、和風建築「水明荘」の5つの棟で構成されている。敷地内には、ウエディングハウス「The Cotton Club」もある。

長崎街道の商店街に面しており、江戸時代には薩摩藩島津家)の御用宿となっていた歴史がある。その歴史的由来を活かすため薩摩藩の家紋が社章として定められた。

昭和天皇が宿泊した水明荘の特別貴賓室「洗心」、皇太子徳仁親王秋篠宮文仁親王が宿泊したタワー館「ロイヤルスイートルーム」がある。前述の特別貴賓室「洗心」は、第20期竜王戦七番勝負第4局の会場としても使用された。

1950年(昭和25年)開業当時のキャッチフレーズは、「日本に名所が又一つ、嬉野湖畔の別天地」で、創業者の小原嘉登次が考案した。また開業に際し、関西以西の西日本各地にセスナ機で200万枚の空中宣伝ビラを散布し、「旅は九州へ・九州へお越しの節は嬉野温泉へ・和多屋別荘」の宣伝文句で、嬉野温泉の名を一躍全国区へと押し上げた。

施設[編集]

旅館
  • 和多屋別荘嬉野温泉
    • 所在地:〒843-0301 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738
    • 総客室:129室
    • 収容人員:300名
      • タワー館(79室)
      • 温泉郷(17室)
      • みやび館(12室)
      • 花鳥苑(13室)
      • 水明荘(8室)
    • 宴会場:16室
    • 温泉:大浴場「御影殿」、露天風呂「浮世風呂」、離れの湯殿「心晶」、貸切風呂3室
    • 館内施設:お食事処「利休」、佐賀牛レストラン「佐賀牛賓館」、喫茶「足湯」、お土産・売店「肥前路」、ブティック「バレン・ザ・ポー」、マッサージ「サバイ・サバイ」、ラウンジ「ねね」
    • 駐車場:普通車200台

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年) - 和多屋旅館継承
  • 1950年(昭和25年) - 和多屋別荘開業
  • 1966年(昭和41年) - 株式会社へ改組
  • 1977年(昭和52年) - タワー館完成
  • 1978年(昭和53年) - 小原健史が社長に就任
  • 1983年(昭和58年) - ヴィラテニスクラブ オープン
  • 1985年(昭和60年) - 水明荘改装オープン
  • 1988年(昭和63年) - 花鳥苑改装オープン
  • 1990年(平成2年) - テーマパーク「肥前夢街道」をオープン。
  • 1993年(平成5年)3月 - みやび館改装オープン
  • 1996年(平成8年)
    • 6月 - タワー館シアター改装
    • 8月 - お食事処利休改装オープン
  • 2003年(平成15年)4月 - ウエディングハウス「The Cotton Club」オープン
  • 2004年(平成16年)12月 - 湯殿「心晶」オープン
  • 2005年(平成17年) - 「肥前夢街道」の経営権を譲渡し、事業より撤退。
  • 2007年(平成19年)9月 - レストラン「佐賀牛賓館」オープン
  • 2008年(平成20年)3月 - タワー館12階(最上階)改装 「展望温泉付客室」オープン
  • 2010年(平成22年)
    • 3月 - タワー館12階洋室を改装
    • 11月3日 - 創業60周年
  • 2013年(平成25年)2月5日 - 小原嘉元が社長に就任
  • 2014年(平成26年)9月 - 大浴場エントランスリニューアル
  • 2015年(平成27年)11月 - みやび館 露天風呂付客室改装

アクセス[編集]

宮崎県青島再開発の表明と撤退[編集]

2008年9月、宮崎市青島で廃業から15年以上放置されていた橘ホテルの跡地につき、再開発を行う事業者に決定した[1]。2009年12月より解体工事が始まり、2010年6月に完了した[2]。跡地には新たにホテルが建設される予定であったが、2012年5月に宮崎市は和多屋別荘が設立した事業会社が撤退を決めたと発表し、再開発計画は白紙となった[3]。事業会社と土地を管理する宮崎市折生迫財産区との間では、事業会社側から撤去費用の損害賠償を求める訴訟が、財産区の側からは土地賃料の支払と明け渡しを求める訴訟がそれぞれ宮崎地方裁判所に起こされた[4]。土地明け渡しについては2012年11月28日に両者の間で和解が成立[4]、損害賠償訴訟については2014年3月28日に宮崎地裁は事業会社の請求を棄却し[5]、事業会社側は控訴を断念した[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]