呼子大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呼子大橋
呼子大橋
呼子大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 佐賀県唐津市
交差物件 玄界灘
建設 1989年
座標 北緯33度32分36秒 東経129度52分51秒 / 北緯33.54333度 東経129.88083度 / 33.54333; 129.88083
構造諸元
形式 箱桁橋+斜張橋
材料 プレストレスト・コンクリート
全長 727.85m
10.90m
高さ 主塔:103.60m 航路部:27.00m
最大支間長 250.00m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

呼子大橋(よぶこおおはし)は、佐賀県唐津市の離島である加部島と九州本土を結ぶ市道「呼子大橋線」[1]の道路橋。昭和63年度土木学会田中賞受賞[2]、プレストレストコンクリート技術協会作品賞受賞[2]平成元年度農業土木学会上野賞受賞[2]

概要[編集]

加部島住民の交通事情の改善及び、本土からの水道パイプライン併設による農業用水の安定供給の向上を目的として、佐賀県農林部が農林水産省補助事業として計画し、建設された[3]。1989年4月に供用開始[2]。建設当時はPC斜張橋としては日本国内最長の支間距離を誇っていた[2]。車道部2車線、歩道部は片側で、通行料は無料[4]。2017年1月現在、加部島から唐津市街地へ行く路線バス(昭和バス呼子・加部島線)が走っている[5]。平成10年には「新さが百景」にも選出された[6][7]。また、橋のたもとにある弁天島にある岩脈群は、平成14年3月に「弁天島の呼子岩脈群」として佐賀県天然記念物に指定された[8]

平成27年10月に行われた国土交通省による直轄診断[9]において、主桁及び橋脚のひび割れ等の劣化が生じていることが判明し[10]、国による修繕代行が行われることになった[11]

諸元[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 橋梁の直轄診断報告(呼子大橋)について (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局佐賀国道事務所. 2017年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 呼子大橋~しあわせの夢の架け橋~”. 唐津市. 2017年1月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 久我尚弘・根本文夫・中山等・日紫喜剛啓「PC斜張橋・呼子大橋上部工の情報化施工 (PDF) 」 、『土木学会論文集』第403号、公益社団法人土木学会1989年3月、 219-228頁、 ISSN 028978062017年1月22日閲覧。
  4. ^ 平成22年度大規模事業評価(大島架橋)に係る評価調書 附属資料 (PDF)”. 宮城県 (2010年10月). 2017年1月22日閲覧。 p.24
  5. ^ 路線バス 主要バス停路線図 (PDF)”. 昭和バス (2016年10月1日). 2017年1月22日閲覧。
  6. ^ 周辺の魅力”. 佐賀県 (2014年10月23日). 2017年1月22日閲覧。
  7. ^ 呼子大橋(唐津市呼子町)”. 一般社団法人佐賀県観光連盟. 2017年1月22日閲覧。
  8. ^ 弁天島の呼子岩脈群”. 唐津市 (2014年10月23日). 2017年1月22日閲覧。
  9. ^ 呼子大橋の「診断」始まる”. 佐賀新聞 (2015年10月27日). 2017年1月22日閲覧。
  10. ^ 道路メンテナンス技術集団」に国土技術政策総合研究所から専門家を派遣します~直轄診断の実施について~ (PDF)”. 国土交通省国土技術政策総合研究所 (2015年10月22日). 2017年1月22日閲覧。
  11. ^ 佐賀県の呼子大橋にひび割れ、国が修繕代行へ”. 日本経済新聞 (2016年10月11日). 2017年1月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]