周馥 (西晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

周 馥(しゅう ふく、? - 311年)は、中国西晋の政治家。字は祖宣汝南郡安成県の出身。周顗の叔父。

概要[編集]

若い頃、朋友の成公簡と並んで名を馳せ、共に諸王へ文学を教授した。その後、幾度も昇進して司徒左西属に任じられ、やがて司徒王渾の推薦により尚書郎に任じられた。次いで司徒左長史に移り、さらに吏部郎に任じられた際、精細に人才を選挙した事をもって美誉を得た。後に御史中丞・侍中を歴任し、仮節・徐州刺史に任じられて冠軍将軍・廷尉を加えられたs。

304年7月、東海王司馬越恵帝を奉じて成都王司馬穎の征討に向かったが,敗北を喫して恵帝は司馬穎の本拠地に捕らわれた。周馥は洛陽に留まって守河南尹に任じられた。当時、洛陽では右衛将軍陳眕上官巳らが皇太子司馬覃を奉じて司馬穎に対抗していた。周馥は彼らを小人に過ぎないとみなしており、実際に上官巳が略奪を繰り返すようになると、密かに司隷校尉満奮と謀議して討伐を目論んだ。だが、計画は事前に発覚してしまい、上官巳らから襲撃を受けた。これにより満奮は殺害されたが、周馥はかろうじて難を逃れて逃走する事が出来た。

同月、長安を守る河間王司馬顒配下の張方が洛陽に侵攻し、上官巳らを破って敗走させた。張方は洛陽を支配下に置くと再び司馬覃を廃位し、周馥は河南尹に復職する事が出来た。11月、張方は恵帝と司馬穎を引き連れて長安への遷都を強行した。だが、周馥は洛陽に留まり、尚書僕射荀藩・司隷校尉劉暾・太常鄭球らと共に皇帝に代わって政治を行った。これにより政治機能は二つに分裂し、洛陽朝廷は「東台」と呼ばれ、長安朝廷は「西台」と呼ばれるようになった。

305年11月、司馬顒は偽詔を発し、皇后羊献容が政治利用されているという理由で自殺を命じ、尚書田淑は洛陽政府に命令を伝えた。だが、周馥は劉暾らと共にこれに反対して命に従わなかったので、司馬顒はこれに怒って洛陽を守る配下の呂朗に劉暾の逮捕を命じたが、周馥には被害は及ばなかった。

306年1月、司馬越が司馬顒を掲げて洛陽へ攻略すると、周馥は中領軍に任じられ、すぐに司隷校尉に移り、散騎常侍を加えられた。さらに、仮節・都督諸軍事に任じられて澠池に駐屯した。

8月、司馬越らは長安を攻略し、恵帝を洛陽に迎え入れた。後に周馥は平東将軍・都督揚州諸軍事に任じられ、さらに鎮東将軍に昇進して劉準に代わって寿春に駐屯し、305年末に江南で決起していた右将軍陳敏の討伐を命じられた。307年3月、乱が鎮圧されると、周馥は陳敏の首を洛陽に送った。功績により、永寧伯に封じられた。

周馥は洛陽を離れてからも忠義を貫いており、常に朝廷の歪みを正したいと考えていた。当時司馬越は朝廷で大権を有しており、臣下にあるまじき振る舞いをしていた。周馥はこの事を大いに批判したので、司馬越は彼を恐れ憚るようになった。

310年、の勢力が日増しに強大化していくのを見ると、周馥は上表して寿春への遷都を勧めたが、司馬越は自分に話を通さずに直接上表した事に激怒した。また、以前より周馥と淮南郡太守裴碩は司馬越より招集を受けていたが、周馥は出発したくなかったので、先に裴碩を洛陽に向かわせた。この時、裴碩は突如として挙兵すると、周馥が独断で命を下していると称し、司馬越の密旨を奉じて周馥を討伐した。周馥は裴碩を撃破すると、裴碩は撤退して東城を守り、さらに建業を守る琅邪王司馬睿(後の元帝)に救援を求めた。

311年1月、司馬睿は将軍甘卓郭逸を討伐に向かわせると、周馥は10日間堅守したものの遂に敗れ、項県へ逃走したが、新蔡王司馬確により拘留された。周馥は憂憤から発病し、やがてこの世を去った。

参考文献[編集]