周楚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

周 楚(しゅう そ、生年不詳 - 太和6年3月23日371年4月24日))は、中国東晋軍人元孫本貫汝南郡安成県廬江郡尋陽県の出身。父は東晋の鎮西将軍周撫。子は東晋の建武将軍周瓊。東晋の益州統治の安定に力を尽くした。

生涯[編集]

東晋に仕え、安西将軍桓温の参軍に任じられていた。

346年11月、桓温に従い、成漢討伐に向かった。

347年3月、東晋軍は彭模に至った。その後の方針を議論した結果、桓温は直進して成都を目指すことを決めた。周楚は参軍孫盛とともに彭模に留まり、弱兵とともに輜重を守ることとなった。

鷹揚将軍・犍為郡太守に任じられた。

365年6月、父の周撫が亡くなると、建成公の爵位を嗣ぎ、仮節・監梁益二州諸軍事・益州刺史に任じられた。

11月、東晋に反乱を起こし、都督梁益二州諸軍事・成都王を自称した梁州刺史司馬勲が、剣閣から益州に侵入、涪城を攻めた。守っていた西夷校尉毌丘暐は城を棄てて逃走した。司馬勲の軍は周楚が守る成都を包囲した。これを知った大司馬桓温は、上表して鷹揚将軍朱序を征討都護として救援に向かわせた。

366年5月、周楚と朱序は司馬勲を破り、司馬勲らを捕えて桓温の元へ送った。功により、冠軍将軍に任じられた。

370年9月、成漢の皇帝李勢の子を騙り、聖王[1]を自称した広漢の妖賊李弘[2]、成漢の皇帝李雄の子を騙り、涪城を攻略した隴西の人李高討伐を子の周瓊[3]、孫の梓潼郡太守周虓[4]に命じた。周瓊は李高、周虓は李弘を討ち、反乱を平定した[5]

371年3月、亡くなり、定とされた。子の周瓊が後を嗣いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 『晋書』巻58 周楚では、聖道王と記されている。
  2. ^ 『晋書』巻58 周楚では、蜀の盗賊李金銀とともに反乱を起こしたと記されている。
  3. ^ 『晋書』巻58 周楚では、周詩と記されている。
  4. ^ 『資治通鑑』巻102では、周颺と記されている。
  5. ^ 『晋書』巻58 周楚では、子の周詩が李弘と李高を討ったと記されている。

参考文献[編集]