周昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
周昂
後漢
九江太守
出生 生年不詳
揚州会稽郡
死去 没年不詳
拼音 Zhōu Áng
主君 袁紹
テンプレートを表示

周 昂(しゅう こう、生没年不詳)は、中国後漢末期の武将揚州会稽郡の出身。兄は周昕。弟は周喁

人物[編集]

袁紹配下。袁術によって豫州刺史に任命された孫堅に対抗するため、袁紹の命令で豫州を巡って戦った。

この豫州での戦いにおいて、周昂は孫堅の拠点である陽城を攻め落とした[1][注釈 1]。また、袁術に味方する公孫瓚は、従弟の公孫越を派遣したが、彼は流れ矢に当たって戦死している[2]

後に九江太守に任命されたが、袁術の命令で九江郡に侵攻してきた孫賁に敗れ、九江郡を袁術に奪われた[3]

以後、周昂は史書に登場しない。

出典 [編集]

  1. ^ 三国志』「公孫瓚伝」
  2. ^ 『三国志』「公孫瓚伝」
  3. ^ 『三国志』「孫賁伝」

注釈 [編集]

  1. ^ 後漢書』「公孫瓚伝」では、陽城を攻め落としたのは周昂ではなく、周昕とする。

参考文献[編集]

  • 三国志』「公孫瓚伝」
  • 『三国志』「孫賁伝」
  • 後漢書』「公孫瓚伝」