周文重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周文重

周 文重(しゅう ぶんじゅう、1945年8月 - )は、中華人民共和国外交官。2005年から2010年まで駐米大使を務めた。

生涯[編集]

江蘇省出身。英バース大学卒業。

1970年から1973年まで北京外交人員服務局に勤務。1973年から1975年までロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程に在籍。1975年に外交部に入省し、1978年まで翻訳室に勤務。1978年から1983年まで駐米大使館三等書記官[1]。1983年から1987年まで外交部翻訳室に勤務し、二等書記官を経て副処長、処長[1]。1987年から1990年まで駐サンフランシスコ副総領事。1990年から1993年まで駐バルバドス大使および駐アンティグア・バーブーダ大使。1993年から1994年まで外交部美大司副司長。1994年から1995年まで駐ロサンゼルス総領事。1995年から1998年まで駐米大使館公使。1998年から2001年まで駐豪大使。2001年から2003年まで外交部部長助理。2003年から2005年まで外交部副部長。2005年から2010年まで駐米大使。

出典[編集]

  1. ^ a b 周文重” (中国語). 中华人民共和国外交部. 2010年12月2日閲覧。
外交職
先代:
陸宗卿
在バルバドス中華人民共和国大使
1990年9月 - 1992年10月
次代:
江承宗
先代:
陸宗卿
在アンティグア・バーブーダ中華人民共和国大使
1990年9月 - 1992年10月
次代:
江承宗
先代:
華君鐸
在オーストラリア中華人民共和国大使
1998年7月 - 2001年3月
次代:
武韜
先代:
楊潔篪
在アメリカ合衆国中華人民共和国大使
2005年5月26日 - 2010年3月
次代:
張業遂