周吉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島根県周吉郡の位置

周吉郡(すきぐん)は、島根県隠岐国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、隠岐郡隠岐の島町の一部(蛸木、加茂、上西、原田、中村、西村以東)にあたる。

歴史[編集]

古代[編集]

7世紀後半に、制の次評として建てられた[1]701年次郡となり、713年に周吉郡と改称したと推定される。

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
周吉郡 4座(並小)
賀茂那備神社 カモナヒノ 賀茂那備神社 島根県隠岐郡隠岐の島町加茂
水祖神社 ミオヤノ 水祖神社 島根県隠岐郡隠岐の島町港町
玉若酢命神社 タマワカスノ- 玉若酢命神社 島根県隠岐郡隠岐の島町下西 隠岐国総社
和気能須命神社 ワケノスノ- 和気能須命神社 島根県隠岐郡隠岐の島町下西
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

旧周吉郡・穏地郡・
海士郡・知夫郡役所
1885年(明治18年)建築。現在は隠岐の島町郡に移築(隠岐郷土館)。
西村、湊村、中村、元屋村、飯美村、布施村、卯敷村、大久村、釜村、犬来村、津井村、飯田村、東郷村、有木村、大光寺村、尼寺村、国分寺村、原田村、上西村、上東村、平村、蛸木村、加茂村、箕浦村、岸浜村、今津村、西田村、下西村、惣社村、護国寺村、矢尾村、目貫村
1.西郷町 2.東郷村 3.布施村 4.中村 5.中条村 6.磯村(紫:隠岐の島町 11・12は穏地郡 21は海士郡 31 - 33は知夫郡)
  • 明治37年(1904年5月1日 - 島根県隠岐国ニ於ケル町村ノ制度ニ関スル件の施行により、以下の町村が発足。全域が現・隠岐の島町。(1町5村)
    • 西郷町 ← 西町、中町、東町
    • 東郷村 ← 東郷村、飯田村、犬来村、釜村、大久村
    • 布施村 ← 卯敷村、布施村、飯美村
    • 中村 ← 元屋村、中村、湊村、西村、穏地郡伊後村
    • 中条村 ← 上西村、原田村、池田村、有木村、八田村、平村
    • 磯村 ← 下西村、西田村、今津村、加茂村
    • 蛸木村が穏地郡都万村の一部となる。
  • 昭和29年(1954年7月1日 - 西郷町・東郷村・中条村・磯村が合併し、改めて西郷町が発足。(1町2村)
  • 昭和35年(1960年11月1日 - 中村が西郷町に編入。(1町1村)
  • 昭和44年(1969年)4月1日 - 周吉郡・穏地郡海士郡知夫郡の区域をもって隠岐郡が発足。同日周吉郡消滅。

脚注[編集]

  1. ^ 藤原京藤原宮の北の外縁の濠から、「次評 新野里 軍布」なる木簡が出土した。奈良国立文化財研究所『藤原京木簡』172、1978年、解説82頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1969年
次代:
隠岐郡