周参見王子神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

周参見王子神社(すさみおうじじんじゃ)は和歌山県西牟婁郡すさみ町にある神社。

概要[編集]

天文15年(1546年)に当時の周参見領主、左衛門太夫藤原氏安によって現在地に建立された。

江戸時代末期から明治にかけて奉納された絵馬55点が遺されている。そのうち約6割が船絵馬であって、周参見に船の出入りが多かったことを伝えている。これらは町文化財に指定され、境内にある歴史民俗資料館に保存・展示されている。

紀伊続風土記』によれば、当初は「若一(にゃくいち)王子権現社」の名であったという。このことから、熊野から勧請されて建立された神社であることが分かるが、成立の年代や経緯から、熊野九十九王子社には数えられない。

すさみ町立歴史民俗資料館[編集]

周参見王子神社境内にある。すさみ町の生活・産業資料や古文書、周参見王子神社奉納絵馬など、歴史的・民俗的資史料を保存・展示している。開館は火・土曜日の午前9時~午後4時。入館無料。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度33分10.4秒 東経135度29分40.2秒