呉羽丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
呉羽山から転送)
移動先: 案内検索
呉羽丘陵
中央サイクリングロード 富山市寺町付近2.jpg
中央サイクリングロードからの風景 各放送局の電波塔が並ぶ
所在地 富山県富山平野
位置
最高峰 城山 (145.3m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

呉羽丘陵(くれはきゅうりょう)は、富山県富山平野にある丘陵である。

呉羽丘陵は一般に呉羽山(くれはやま)とも呼ばれるが、呉羽山は呉羽丘陵の中の標高80mの山(北緯36度42分32秒東経137度11分6秒)の名前であり。北側の呉羽山、南側の城山を含めたものが呉羽丘陵である。

丘陵より立山連峰と富山市街を望む
冬の立山連峰と富山市街地

歴史と概要[編集]

歴史[編集]

「呉羽」は一帯の地名で、呉服部(くれはとりべ)にちなむものである。機織業を伝来した渡来人・呉織(クレハトリと読み、呉“ご”から我が国に織物を伝えた織工を指す/「はとり」は「機織り」の転)に由来するといわれる(『越中志徴』)。姉倉比売(あねくらひめ)神社の比売が機織の神であることも、クレハトリ伝承と関係がある。『源平盛衰記』巻28(北国所々合戦事)には寿永3年(1183年)、木曾義仲の武将・今井兼平の軍勢が「御服山」に陣取ったと書いてある。クレハトリに呉服【呉+服部】の字が宛てられ、これが音読されてゴフクとなり、さらに御服・五福などの字が宛てられるに至ったと考える。山麓の五福(富山大学がある辺り)も山名からの転訛とみられる。天明3年(1783年)以前に成立した堀麦水の『三州奇談』に「くれはの宮」とあるのがクレハの形での文献初出とされる。

概要[編集]

最高地点の標高は城山の145.3m。山中にある呉羽山公園展望台からの富山市街・立山連峰の眺望が素晴らしく、富山市のキャッチフレーズである「立山あおぐ特等席」を実感することができる。また呉羽山温泉やドライブに適した林道や、五百羅漢長慶寺)、富山市民俗民芸村 などもあり、市民にとっては最も身近な憩いの場の一つとなっている。頂上には国内唯一の大正天皇による漢詩の碑が建立されている。

呉羽丘陵は、全長約22kmにわたる「呉羽山断層」の西側が持ち上がってできた丘陵である。そのため、丘陵の西側はゆるやかな斜面になっているのに対し、東側は急斜面となっている。呉羽山断層は活断層であり、将来はマグニチュード7を超える地震の発生が指摘されている。

呉羽丘陵によって富山平野は二分されており、かつては言葉や風俗の境界とされていた。呉羽丘陵よりも東側が呉東(ごとう)、西側が呉西(ごせい)と俗に呼ばれる(天気予報などでは「東部」「西部」と分けられる)。富山県内の多くの箇所から見え、かつ、放送局のある富山市中心部から近いことから、頂上部には各放送局の送信塔が並ぶ。

「富山」という地名の由来について、かつて越中国の国府のあった現在の高岡市から見て、呉羽丘陵の外側にあった事から外山(とやま)と呼ばれ、それが変化して富山になったという説がある。

交通機関[編集]

1913年春に呉羽運体器が運転を開始した。山麓から山頂にワイヤーを張り、ゴンドラを吊り下げ、原動機からゴンドラに取付けた別のワイヤーにより上下させる方式であった。ところが9月に上下のゴンドラが中間で接触。屋根のないゴンドラから乗客が転落し、重傷をおうという事故をおこしてしまう。このため経営者は廃止届けを提出。運行期間は1年もたなかった。その後1924年春に富山市の久野藤作は山上に展望台を設置し行楽客を誘致することを計画。交通手段としてインクラインを敷設、起点は市電呉羽公園前付近とし山上駅屋上に展望台を設けた(呉羽インクライン)。1925年4月より運行を開始したが客足は伸びず借入金は増えるばかりあった。このため経営者は行方不明となり営業を停止。1928年に興業許可を取り消され廃止となった。

呉羽テレビ・FM放送所[編集]

富山県は3大都市圏以外では最初に地上デジタル放送が開始された。

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン番号 放送局名 呼出符号 チャンネル番号 空中線電力 ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内世帯数 運用開始日
1 KNB
北日本放送
JOLR-DTV 28 1kW 8.9kW 水平偏波 富山県 340,156世帯 2004年10月1日
2 NHK
富山
教育
JOIC-DTV 24 7.7kW 全国
3 NHK
富山総合
JOIG-DTV 27 富山県
6 TUT
チューリップテレビ
JOJH-DTV 22 9.8kW 2006年10月1日
8 BBT
富山テレビ放送
JOTH-DTV 18
  • 放送区域:富山県高岡市、滑川市、射水市及び中新川郡舟橋村の全域並びに富山市、魚津市、氷見市、黒部市、砺波市、小矢部市、南砺市、中新川郡上市町、立山町、下新川郡入善町及び朝日町の各一部、石川県七尾市及び鹿島郡中能登町の各一部[1][2][3][4][5]
  • NHKとKNBは、2004年6月15日に予備免許交付[6]9月28日に本免許が交付され[2]、10月1日に本放送を開始した。また、TUTとBBTは、2005年11月15日に予備免許交付[4]、2006年9月27日に本免許が交付され[7]、10月1日に本放送を開始した。
  • NHKとKNBは、2004年10月1日から11月30日まで出力10Wで、放送区域内世帯数が280,895世帯だった。

FMラジオ放送[編集]

周波数 放送局名 呼出符号 空中線電力 ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内世帯数 運用開始日
81.5MHz NHK
富山FM
JOIG-FM 1kW 5.5kW 水平偏波 富山県 - 1969年3月1日
82.7MHz FMとやま
富山エフエム放送
JOOU-FM 4.5kW 1985年4月1日
  • FMとやまはBBTの施設を間借りしている。
  • 送信所の看板は近年まで開局当初の状態だった(住所も旧社屋)が、看板が一新され、住所も現社屋になっている。
  • 尚、2014年12月1日に開局したKNB北日本放送のFM補完中継局については、北日本放送FM補完中継局を参照。

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル番号 放送局名 呼出符号 空中線電力 ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内世帯数 運用開始日 運用終了日
1 KNB
北日本放送
JOLR-TV 映像3kW/
音声750W
映像18kW/
音声4.5kW
水平偏波 富山県 - 1959年4月1日 2011年7月24日
3 NHK
富山総合
JOIG-TV 映像17kW/
音声4.3kW
1958年10月1日
10 NHK
富山教育
JOIC-TV 映像25kW/
音声6.2kW
全国 1961年4月1日
32 TUT
チューリップテレビ
JOJH-TV 映像10kW/
音声2.5kW
映像98kW/
音声24kW
富山県 1990年10月1日
34 BBT
富山テレビ放送
JOTH-TV 1969年4月1日

マルチメディア放送[編集]

周波数 放送局名 空中線電力 ERP 放送区域 放送区域内世帯数 運用開始日 運用終了日
214.714286MHz
VHF11chに相当する周波数帯
Jモバ富山MMH 7.5kW 35kW 富山県の広範囲及び
石川県七尾市の一部
約359,000世帯 2013年1月30日[8] 2016年6月30日
  • 放送区域:富山県高岡市、滑川市、砺波市、射水市及び中新川郡舟橋村の全域、並びに富山県富山市、魚津市、氷見市、黒部市、小矢部市、南砺市、中新川郡上市町、立山町、下新川郡入善町、朝日町及び石川県七尾市の各一部[9][10]
  • 2012年11月19日に予備免許が交付され[9][11]12月17日に試験電波の発射を開始[12]。2013年1月29日に本免許が交付され[13][8]、1月30日に本運用を開始した[8]
  • 局舎・鉄塔はTUTの施設を間借りしていた。

所在地[編集]

  • NHK:富山市呉羽町大谷16番9号[1][2][3][4][5]
  • KNB:富山市呉羽町字小竹大谷16番10号
  • TUT・旧Jモバ:富山市呉羽町字大谷20番地
  • BBT・FMとやま:富山市呉羽町小竹大谷21番地(BBTのみ、デジタルの名称が「城山送信所」で、アナログの名称が「富山放送所」。)

NHK新川アナログテレビ中継局[編集]

スポラディックE層出現時の新川地区における外国電波の混信障害を解消するため、2001年1月に開催されたNHKの第898回経営委員会において、新川テレビ中継局(アナログ放送)の開設が決定され[14]、同年4月に運用を開始した[15]

チャンネル番号 放送局名 空中線電力 ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域内世帯数 運用開始日 運用終了日
62 NHK
富山総合
映像30W/
音声7.5W
映像1.5kW/
音声380W
水平偏波 富山県 約26,000世帯 2001年4月27日[15] 2011年7月24日
  • 所在地:NHK呉羽TV・FM放送所(富山親局)に同じ(併設)

丘陵内・周辺の主な施設[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 予備免許の概要(報道資料2004年6月15日) (PDF) (総務省北陸総合通信局)
  2. ^ a b c 地上デジタルテレビジョン放送局に免許状交付-東京、大阪及び名古屋を除くローカル局では初めて(報道資料2004年9月27日)(総務省北陸総合通信局)
  3. ^ a b 地上デジタルテレビ放送のエリア(富山県)(報道資料2004年9月27日) (PDF) (総務省北陸総合通信局)
  4. ^ a b c 地上デジタルテレビジョン放送局の予備免許の答申(報道資料2005年11月9日)(総務省北陸総合通信局)
  5. ^ a b 地上デジタルテレビ放送のエリア(富山県)(報道資料2006年9月26日) (PDF) (総務省北陸総合通信局)
  6. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局の予備免許の交付(報道資料2004年6月15日)(総務省北陸総合通信局)
  7. ^ 富山県及び石川県内の地上デジタルテレビジョン放送局に免許状交付-北陸管内すべてのテレビジョン放送事業者で放送開始(報道資料2006年9月26日)(総務省北陸総合通信局)
  8. ^ a b c モバキャスサービス富山局の開局(NEWS 2013年1月29日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  9. ^ a b マルチメディア放送の中継局に予備免許-携帯端末向けの新しい放送メディア、富山エリアでも放送開始へ(報道資料2012年11月19日)(総務省北陸総合通信局)
  10. ^ 富山中継局の放送予定エリア(報道資料2012年11月19日) (PDF) (総務省北陸総合通信局)
  11. ^ 富山送信所の無線局予備免許を取得(NEWS 2012年11月19日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  12. ^ 富山送信所の試験電波発射(NEWS 2012年12月17日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  13. ^ 携帯端末向けマルチメディア放送局に免許(報道資料2013年1月29日)(総務省北陸総合通信局)
  14. ^ 日本放送協会第898回経営委員会(2001年1月23・24日開催)議事録(日本放送協会)
  15. ^ a b 日本放送協会第906回経営委員会(2001年5月29日開催)議事録(日本放送協会)

参考文献[編集]

  • 草卓人『富山廃線紀行』桂書房、2008年、20-27頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]