呂光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
懿武帝 呂光
後涼
初代天王
王朝 後涼
在位期間 386年 - 399年
都城 姑臧
姓・諱 呂光
世明
諡号 懿武皇帝
廟号 太祖
生年 建武4年(338年
没年 承康元年(399年
呂婆楼
皇后 石皇后
陵墓 高陵
年号 太安 : 386年 - 389年
麟嘉 : 389年 - 396年
龍飛 : 396年 - 399年
承康 : 399年

呂 光(りょ こう)は、五胡十六国時代後涼の創始者。略陽郡(現在の甘粛省天水市)の人。

当初は前秦の部将で西域討伐を命じられていたが、383年に前秦が淝水の戦いにより衰退すると後涼を建国した。後涼は南涼北涼が独立してから不安定になり、呂光の死の数年後には滅亡した。中国では呂布と併称される呂氏の猛将として、呂氏の族譜に掲載されることが多い。

生涯[編集]

西域討伐[編集]

名家の生まれでもともと前秦の臣下であった。はじめ美陽令に任ぜられ、後に鷹揚将軍に昇進し前燕が滅ぶと、都亭侯に封ぜられた。苻洛の叛乱を平定し、驍騎将軍に任ぜられた。

建元18年(382年)、宣昭帝苻堅の命を受けた呂光は都督西討諸軍事に任じられ、十余万の兵をもって西域討伐の遠征に出る。河西回廊を進軍し、焉耆を下し亀茲を破り、西域に前秦の威信が響き渡った。そのことによって遠方の西域諸国を帰順させることができ、令名を馳せていた名僧鳩摩羅什をその庇護の下に置いた。この時、呂光は鳩摩羅什に無理に酒を飲ませるなど、破戒させてしまったことが後世批判されている。[1]もともと呂光は亀茲に留まりたかったが、参謀を務めた鳩摩羅什が「ここに留まるべきではない、帰還すべきだ」と進言した上、また将兵たちも中原への帰還を望んでおり、財宝を持って帰還することを決断した[2]

自立[編集]

建元19年(383年)、淝水の戦いで前秦軍は敗北、国内の各民族は次々と離反し長安は混乱した。そのころ高昌を征した呂光は涼州刺史梁煕に帰還を阻まれてしまった。太安元年(385年)、東進した呂光は後秦配下の涼州刺史梁煕を酒泉近郊で破った。姑臧に入った呂光は、涼州刺史・護羌校尉を名乗り、事実上の自立政権を打ち立てた。

太安2年(386年)、苻堅の訃報を受けた呂光は文昭皇帝と諡し、翌10月には太安と改元し、酒泉公を自称した。太安2年(387年)12月、前涼の復興を企図していた張大豫張天錫の子)の軍を破り、前涼の旧支配地域をほぼ掌握することに成功した。太安4年(389年)に三河王を自称し、元号を麟嘉に改める。麟嘉8年(396年)には国号を大涼と定め、元号を龍飛に改め、天王位に就いた。

しかし政権は不安定で、旧勢力の叛乱や部下の内紛が絶えなかった。晩年には内政を怠るなどし、匈奴族の北涼鮮卑族の南涼が分離し、さらに王位継承の争いまで生じた。龍飛4年(399年)、病気になった懿武帝は太子の呂紹に天王位を譲り、自らは太上皇 ( 「太上天王」 ) と称したがまもなく病没した。

宗室[編集]

[編集]

  • 呂婆楼、前秦に仕えた

后妃[編集]

  • 石皇后

子女[編集]

  • 呂纂、太原公、後の後涼天王
  • 呂弘、常山公、399年に番禾公、400年に呂纂に処刑
  • 呂紹、後の後涼の天王
  • 呂緯、隴西公、401年に呂超に処刑
  • 呂覆、都督玉門諸軍事、西域大都護

脚注[編集]

  1. ^ 紀野一義『法華経を読む』講談社現代新書、1982
  2. ^ 『通鑑紀事本末』「呂光、姑臧に據る。」など。現代語訳のページ

参考文献[編集]