吸血鬼 (1967年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吸血鬼
Dance of the Vampires
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロマン・ポランスキー
ジェラール・ブラッシュ
音楽 クリストファー・コメダ
撮影 ダグラス・スローカム
編集 アリステア・マッキンタイア
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年11月13日
日本の旗 1969年9月14日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

吸血鬼』(The Fearless Vampire Killers、原題: Dance of the Vampires)は、ロマン・ポランスキー監督、ジェラール・ブラッシュ脚本の、1967年に公開されたホラー映画のパロディである喜劇映画である。

後にミュージカル(ウィーンでの制作のため、原題はドイツ語で『Tanz der Vampire』である。日本では『ダンス・オブ・ヴァンパイア』として東宝により上演)も制作された。

1969年9月14日、日本でMGM系列で公開された劇場版(及びそのフィルムを使用したTV放送版)のOPは、アメリカ公開版と同様な吸血鬼が登場するアニメーションだったが、現在発売されているDVDでは、イギリス公開版と同様で変更されている。

あらすじ[編集]

アブロンシウス教授とその弟子アルフレッドは、吸血鬼を追ってトランシルヴァニアにある小さな町に来た。教授とともに町の宿屋に泊まったアルフレッドは、宿屋の主人ヨイン・シャガールの娘、サラに好意を抱く。その矢先、サラはクロロック伯爵という名の吸血鬼にがサラをさらわれてしまう。また、ヨインと宿屋の女中・マグダもクロロックの毒牙にかかる。 アルフレッドは、教授と共に雪の上に残された足跡をたどり、雪に覆われた丘の隣にある伯爵の住む城に乗り込む。城には伯爵の息子である同性愛者ハーバートもおり、アルフレッドは危うく彼に襲われそうになる。

そして、伯爵がサラを花嫁にすべく開いた舞踏会にて、大勢の吸血鬼が詰めかける。教授とアルフレッドは舞踏会に乗り込み、サラを救出するが、帰る途中でサラはアルフレッドに噛み付く。かくして、吸血鬼は世にはびこることとなった。

キャスト[編集]

その他:納谷六朗肝付兼太

テレビ初回放送日:1973年1月18日『木曜洋画劇場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]