含笑寺 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
含笑寺
山門と寺標
所在地 愛知県名古屋市東区東桜2-15-36
位置 北緯35度10分17秒
東経136度55分0秒
座標: 北緯35度10分17秒 東経136度55分0秒
山号 鷲嶺山
宗旨 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼仏
創建年 享禄元年(1528年
開山 清岩法英
開基 織田信秀
中興 禅海密定
正式名 鷲嶺山 含笑寺
地図
含笑寺 (名古屋市)の位置(愛知県内)
含笑寺 (名古屋市)
含笑寺 (名古屋市)の位置(名古屋市内)
含笑寺 (名古屋市)
法人番号 8180005001373
テンプレートを表示

含笑寺(がんしょうじ)は愛知県名古屋市東区にある曹洞宗寺院山号鷲嶺山

歴史[編集]

享禄元年(1528年)、織田信秀が生母含笑院の菩提を弔うため尾張国海東郡土田村(現・清須市)に建立した[1][2]開山天台宗の僧侶・清岩法英と伝わり[2]、山門は清洲城にあったものを移築したと云う[3]

4世・助南源佐は信秀の甥で、大雲永瑞(萬松寺開山・信秀の叔父)の弟子・愚庵を法地開山としたことから、源佐と含笑院を開基ともしている[1][4]。また、これに伴って萬松寺の末寺になったという[1]慶長15年(1610年)に現在地に移ったが[4]清洲越しによって旧松山町には48の寺院が集められ[3]、名古屋東部の寺町として栄えた。15世・重澤大年は尾張藩8代藩主徳川宗勝の側室・仙宥院の帰依を受けてその霊廟を寺院内に建て[1]、17世・俊芳密禅は大本山總持寺の輪番を務めたが[1]、その後寺勢が衰え、21世・禅海密定によって中興された[1]

末寺梅屋寺安斎院就梅院慈眼院聚福院長全寺常楽寺長安寺など8ヶ寺を数えた[1]

近代[編集]

明治時代を迎えると、本堂や山門を除いた書院や鐘楼・庫裏・座禅堂などほとんどが売却され、境内も大幅に縮小[1]1945年昭和20年)、名古屋大空襲によって山門を除いて焼失[3][4]。戦後の都市計画によって墓地を平和公園に移すなどしたことから隣接していた周辺の寺とも離れ、現在ではビル街の中に位置している。

1967年(昭和42年)関山和夫により「含笑長屋・落語を聴く会」が結成され、年に10~11回催される落語会には柳家小さん桂米朝三遊亭圓生林家正蔵春風亭柳橋古今亭志ん朝笑福亭松鶴桂春団治桂文枝桂枝雀など東西の名人も数多く出演した[5]

1972年(昭和47年)12月31日、第23回NHK紅白歌合戦の地方審査会場として含笑寄席が登場、番組の記録映像に寄席の様子が記録されている。レポーターは柳家小三太。また、このあとの1973年(昭和48年)1月1日のNHKゆく年くる年でも寄席の様子が全国中継された。出演は三笑亭夢楽柳家小三太三遊亭ぬう生[6]

その活動に対して1983年(昭和58年)に愛知県芸術文化選奨の文化賞(団体)を受賞している[7]1987年(昭和62年)には含笑長屋20周年を記念して門前に寄席文字の寺標が建てられ[8]1992年平成4年)には開創450年記念として「含笑長屋」が設立されたが、関山が2013年(平成25年)に死去したことにより、落語会としての含笑長屋は終了した。

参考文献[編集]

  • 名古屋市『名古屋市史 社寺編』、1915年
  • 『全国寺院名鑑』 全日本仏教寺院名鑑刊行会、1969年
  • 東区100周年記念事業実行委員会『東区100年記念ひがし見聞録』 名古屋市東区役所、2008年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 社寺編、pp.578 - 579
  2. ^ a b ひがし見聞録、P.75
  3. ^ a b c 含笑寺と含笑花”. 魅力ある東区の町並み~文化のみち~. 2014年4月30日閲覧。
  4. ^ a b c 全国寺院名鑑、愛知県-5
  5. ^ 「名古屋の含笑長屋 伝統話芸追求40年」中日新聞 2007年3月3日夕刊、第1面
  6. ^ 関山和夫 (昭和51年11月10日). 含笑長屋落語十年. 上方芸能. pp. 19-21,72-73. 
  7. ^ 【文化賞・文化新人賞】愛知県芸術文化選奨の受賞者紹介(昭和58年度~昭和63年度)”. 愛知県 (2013年10月25日). 2014年4月30日閲覧。
  8. ^ 含笑寺”. 「なごや街なか」こだわり”ナビ” (2014年3月10日). 2014年4月30日閲覧。