君野秀三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

君野 秀三(きみの ひでぞう、1898年明治31年)3月 - 1970年昭和45年)6月9日[1])は、日本政治家醤油醸造業。元若桜町町長、元町会議員。

元鳥取弁護士会会長君野順三は実兄。よしはソニー育ての親として知られる増谷麟PCL創立社長、日本ポリドール社長)の妹。

経歴[編集]

鳥取県八頭郡若桜町に生まれる。君野良平の三男。

明治大学に学ぶ。若桜郵便局勤務、大正8年(1919年)局長に就任。

政治家としては、若桜町町長、町会議員などをつとめた。

人物像[編集]

宗教浄土宗趣味囲碁読書

家系[編集]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 昭和33年(1958年) キ…128頁

脚注[編集]

  1. ^ 「君野 秀三氏(鳥取県教育委員長)」『毎日新聞』、1970年6月10日、19面。

外部リンク[編集]