君津共同発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crystal energy.svg 君津共同発電所
君津共同発電所
君津共同発電所
種類 火力発電所
電気事業者 君津共同火力株式会社
所在地 日本の旗 日本
千葉県君津市君津1
北緯35度21分48秒 東経139度51分37秒 / 北緯35.36333度 東経139.86028度 / 35.36333; 139.86028座標: 北緯35度21分48秒 東経139度51分37秒 / 北緯35.36333度 東経139.86028度 / 35.36333; 139.86028
3号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 高炉ガスコークス炉ガス重油
着工日 1969年
営業運転開始日 1970年
4号機
発電方式 汽力発電
出力 35万 kW
燃料 高炉ガス、コークス炉ガス、重油
着工日 1970年
営業運転開始日 1971年
5号機
発電方式 コンバインドサイクル発電
出力 30万 kW
燃料 高炉ガス、コークス炉ガス
熱効率 47.5%(HHV)
着工日 2001年
営業運転開始日 2004年
6号機
発電方式 コンバインドサイクル発電
出力 15.29万 kW
燃料 高炉ガス、コークス炉ガス
着工日 2010年
営業運転開始日 2012年6月26日
テンプレートを表示

君津共同発電所(きみつきょうどうはつでんしょ)は千葉県君津市君津1にある君津共同火力火力発電所

概要[編集]

八幡製鐵(現、新日鐵住金)と東京電力の共同出資により設立された君津共同火力株式会社が運営する火力発電所で1969年に1号機が運転開始、4号機までが建設された。燃料は新日鐵住金君津製鐵所からの副生ガス(高炉ガスコークス炉ガス)を主に使用し、電力を同製鉄所および東京電力へ供給している。

2004年にはコンバインドサイクル発電方式を採用した5号機が運転開始、さらに2012年6月には6号機が運転開始した。一方で1、2号機が老朽化のため廃止された。

5号機の発電効率は、副生ガス焚きの複合発電設備としては世界最高の47.5%を達成[1]日本機械学会賞および地球温暖化防止活動環境大臣賞を受賞している[2]

発電設備[編集]

  • 総出力:115.29万kW(2016年現在)[3]
3号機
定格出力:35万kW
使用燃料:高炉ガスコークス炉ガス、重油
営業運転開始:1970年
ボイラ更新:2016年
4号機
定格出力:35万kW
使用燃料:高炉ガス、コークス炉ガス、重油
営業運転開始:1971年
5号機
発電方式:1,300℃級コンバインドサイクル発電方式
定格出力:30万kW
 ガスタービン:26.8万kW × 1軸*
 蒸気タービン:11.9万kW × 1軸*
使用燃料:高炉ガス、コークス炉ガス
熱効率:47.5%(高位発熱量基準)
営業運転開始:2004年

* ガスタービン、蒸気タービンの合計出力38.7万kWの内、8.7万kWをガス圧縮機の動力源として使用。

6号機
発電方式:1,250℃級コンバインドサイクル発電方式
定格出力:15.29万kW
 ガスタービン:8.89万kW × 1軸
 蒸気タービン:6.4万kW × 1軸
使用燃料:高炉ガス、コークス炉ガス
営業運転開始:2012年6月26日

廃止された発電設備[編集]

1号機(廃止)
定格出力:12.5万kW
使用燃料:高炉ガス、コークス炉ガス
営業運転期間:1969年 - 2003年
2号機(廃止)
定格出力:12.5万kW
使用燃料:高炉ガス、コークス炉ガス
営業運転期間:1969年 - 2013年

沿革[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]