君島寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
君島 寛
きみじま ひろし
生年月日 (1948-07-08) 1948年7月8日
出生地 栃木県黒磯市(現・那須塩原市
没年月日 (2019-03-09) 2019年3月9日(70歳没)
出身校 日本大学法学部政治経済学科
前職 那須塩原市副市長
自民党那須塩原市支部幹事長[1]
所属政党 無所属
称号 旭日双光章

当選回数 1回
在任期間 2016年1月22日 - 2019年3月9日
テンプレートを表示

君島 寛(きみじま ひろし、1948年7月8日 - 2019年3月9日)は、日本政治家。元栃木県那須塩原市長(1期)。

来歴[編集]

栃木県黒磯市(現・那須塩原市)出身。栃木県立黒磯高等学校を経て日本大学法学部政治経済学科に進む。ホテルのコックとして既に内定を得ていたが、父親から「明日は市職員の採用試験だ。帰ってこい」と言われ、方向転換を余儀なくされる[2]。1971年(昭和46年)4月、黒磯市役所に入庁。

2003年(平成15年)4月から2004年(平成16年)12月まで黒磯市・西那須野町・塩原町合併協議会事務局長を務める。2005年(平成17年)1月1日、黒磯市西那須野町塩原町との新設合併を行い、那須塩原市が発足。2007年(平成19年)4月、那須塩原市副市長に就任。2011年(平成23年)3月、副市長を辞任[3]

2012年那須塩原市長選挙[編集]

2011年(平成23年)12月4日、栗川仁市長が胸部大動脈瘤破裂のため死去。君島は副市長を退職後陶器づくりを楽しむ心づもりでいたが「遺志を継ぐのは自分の他にいない」と決意し[2]、2012年(平成24年)1月22日に行われた市長選に出馬。県議時代みんなの党に所属した阿久津憲二に114差で敗れ、落選。

※当日有権者数:93,646人 最終投票率:50.12%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
阿久津憲二68無所属23,211票50.12%
君島寛63無所属23,097票49.88%

2015年那須塩原市長選挙[編集]

2015年(平成27年)12月27日執行。前回僅差で敗れた現職の阿久津を下し初当選した。2016年(平成28年)1月22日、市長に就任[4]

※当日有権者数:94,133人 最終投票率:46.86%(前回比:-3.26pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
君島寛67無所属27,047票62.14%
阿久津憲二72無所属16,479票37.86%

死去[編集]

2018年12月4日に体調不良を訴えて同月8日より入院し、十二指腸狭窄症などの診断を受けていたが[5]、2019年3月9日、胆嚢がんのため死去。70歳没[6]。その後、副市長の片桐計幸が職務代理者となった[6]旭日双光章追贈[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]