君島一郎 (野球研究者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君島 一郎
生誕 1887年4月16日
栃木県
死没 (1975-04-25) 1975年4月25日(満88歳没)
職業 朝鮮銀行副総裁
財団法人友邦協会会長
野球研究者

君島 一郎(きみじま いちろう、1887年(明治20年)4月16日 - 1975年(昭和50年)4月25日)は、日本銀行家、野球研究者。元朝鮮銀行副総裁。

経歴[編集]

1887年4月16日栃木県那須郡黒羽町生まれ。旧制第一高等学校では野球部に所属。

東京帝国大学卒業後の1912年日本銀行入行。検査役、調査役、支店長、文書局長を歴任。1940年1945年朝鮮銀行副総裁を務めるが、敗戦後、1947年から1951年まで公職追放となる。

その後財団法人友邦協会会長となり、在任中、勲二等旭日重光章を受章。1971年1月、学士会会報710号に「日本野球発祥の地-それは今の学士会館本館敷地」を発表。1972年、「日本野球創世記」をベースボール・マガジン社より刊行。

1975年4月25日死去。88歳没。

野球との関わり[編集]

第一高等学校在学中、野球部で2年先輩の名二塁手中野武二1972年野球殿堂入り)の後継者として1907年、1908年の二年間二塁手をつとめ、第三高等学校、早稲田大学、慶應義塾大学との対抗戦に出場して攻守に活躍した。

公職追放後、明治時代の野球草創期の故事解明に情熱を持って取り組み、20年近くの歳月をかけて資料を収集、その資料を基に1971年の学士会会報710号および713号の中で、野球発祥については諸説ある中で「ベースボールが日本に渡来したのは明治5年、発祥の地というべき場所は現学士会館本館敷地である」との見解を明らかにした。

また、翌1972年には85歳の高齢にもかかわらず「日本野球創世記」を著作、刊行した。同書は野球渡来の経緯を皮切りに、日本における野球の生い立ちを極めて論理的な、しかも緻密な筆致をもってわかりやすく世に紹介したものである。

2009年、特別表彰で野球殿堂入り。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]