向井苑生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

向井 苑生(むかい そのよ、1946年1月12日 - )は、日本の工学者京都情報大学院大学教授、日本リモートセンシング学会理事・研究会会長、日本エアロゾル学会監事・常任理事、日本学術振興会専門委員、SPIE (Asia-Pacific Remote Sensing 部会委員)、GWIS (Graduate Women In Science) 日本支部委員などを務める。

専門分野は「地球大気モデルにおける放射シミュレーションと大気微粒子の地上ならびに人工衛星からのリモートセンシング」。「情報システムとデータ解析」などの科目を担当している。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 黄砂(共著) 古今書院 2009
  • 大気と微粒子の話-エアロゾルと地球環境(共著) 京都大学学術出版会 2008
  • エアロゾルの大気環境影響(共著) 京都大学学術出版会 2007

受賞 および 獲得外部研究資金[編集]

  • リモートセンシング学会論文賞受賞:向井 苑生, 佐野 到 "POLDER多方向データから導出したエアロゾル特性の全球分布",日本リモートセンシング学会誌, 20(3),85-93, 2000.
  • The Scientific Award of Excellence 2011 in the field of Earth & Planetary Science: Recognized by The American Biographical Institute.
  • 科学研究費補助金:10件
  • 受託研究補助金:(NASDA/JAXA)4件
  • 私立大学学術研究高度化推進事業 (ORC):1件

関連項目[編集]

外部リンク[編集]