名越三昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名越三昌(なごしさんしょう、寛永15年(1638年)没) は、安土桃山時代から江戸時代初期の釜師。名は弥右衛門、号を浄味。後世、子孫にも浄味を名乗る者がいるので区別して古浄味とも呼ばれる。父は京都三条釜座の名越善正。弟に江戸名越家を興した名越家昌

略歴[編集]

  • 慶長19年(1614年)、方広寺の大梵鐘鋳造に当たり、総棟梁として弟の名越家昌、対馬守国久飯田重次等を棟梁に、鋳物師多数を統括した。
    • 「冶工京三条釜座名護屋越前少掾藤原三昌」とこの鐘の銘文に三昌だけ名が記されている。

子孫[編集]

  • 京名越家として幕末まで続いた。

作品[編集]

  • 四方釜、常張釜、尻張釜、阿弥陀堂釜などを製作したようだが、確実な釜の伝世品は確認できない。
  • 方広寺の、梵鐘、風鐸に銘が残る。

参考資料[編集]

  • 『名物釜所持名寄』