名護市民投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名護市民投票
名護市における米軍のヘリポート
基地建設の是非を問う市民投票
開催地 Flag of Nago, Okinawa.svg名護市
開催日 1997年12月21日 (1997-12-21)
結果
投票数 %
支持 14,267 46.16%
反対 16,639 53.84%
有効投票数 30,906 98.19%
無効または空白投票数 571 1.81%
投票総数 31,477 100.00%
登録有権者/投票率 38,177 82.45%
Results
賛成
  
8.29%
環境対策や経済効果が期待できるので賛成
  
37.87%
反対
  
52.59%
環境対策や経済効果が期待できないので反対
  
1.25%

名護市民投票(なごしみんとうひょう)は、普天間飛行場返還に伴って沖縄県名護市沖合に海上ヘリポートを建設する計画の是非を問うため、1997年12月21日に実施された住民投票である[1]。4つの選択肢が示され、「反対」「環境対策や経済効果が期待できないので反対」合計54%で、「賛成」「環境対策や経済効果が期待できるので賛成」合計46%を上回った[1]

条例制定[編集]

1997年9月16日、有権者数の半数近い17,539人の署名を添えて条例制定請求。10月2日、名護市議会で条例案を可決。10月6日、「名護市における米軍のヘリポート基地建設の是非を問う市民投票に関する条例」公布。

結果[編集]

海上ヘリポート建設候補地キャンプ・シュワブ沖合、2013年撮影。

有権者数38,177人、投票総数31,477票、投票率82.45%。

  • 「賛成」2,562票
  • 「環境対策や経済効果が期待できるので賛成」11,705票
  • 「反対」16,254票
  • 「環境対策や経済効果が期待できないので反対」385票
  • 無効 571票

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名護市民投票”. 朝日新聞 (2017年12月22日). 2018年8月23日閲覧。