名誉議員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


名誉議員(めいよぎいん)は、

栄誉称号名誉称号の一種。関連する称号として名誉議長、名誉副議長などがある。名誉評議員とは異なる。

名誉議員[編集]

国会の名誉議員[編集]

慣例上、50年に渡って国会議員を務めた人物は、所属する議院から「名誉議員」の称号を与えられる。

現在に至るまで衆議院議員在職50年を達成したのは、尾崎行雄三木武夫原健三郎中曽根康弘桜内義雄の5名(桜内は衆参両院通算、他4名は衆議院のみ)であり、この内尾崎と三木に「衆議院名誉議員」の称号が贈られている[1]。残りの3名については財政難のため与野党の合意がとれず、名誉議員の称号は棚上げとなっている(尾崎・三木の前例では名誉議員は国会内に胸像が建てられるため)。

以上5人の中の在職50年到達時最年少記録は中曽根の78歳11ヶ月。また、三木以降の4人はいずれも与党議員で、野党議員として在職50年を迎えた国会議員は戦後では存在しない(尾崎の50年到達時は政党内閣ではなかったが、野党的な立場に立っていた)。なお、このうち桜内は「父桜内幸雄の名前を書いた票は無効票とする」との判決が出て結果的に当選無効となった参議院議員としての在職期間を算入しなければ50年にならないが、公式に「国会議員在職50年」として表彰されたものである。なお現職衆議院議員の小沢一郎第48回衆議院議員総選挙において選出された議員の任期中である2019年12月28日に在職50年に到達するが、実現した場合77歳7か月で最年少記録、さらに戦後初の野党議員としての到達となる。

参議院議員として在職50年を迎えた例は存在しない(桜内は衆参通算50年だが50年到達時は衆議院議員)。大日本帝国憲法下の貴族院においては、閑院宮載仁親王が貴族院創設(1890年)から逝去(1945年)まで55年間議員であったが、皇族議員、特に陸軍軍人(元帥陸軍大将として逝去まで現役軍人だった)としての活動が主であった載仁親王の議員としての活動実態は皆無で、記録上のものにとどまる。臣下の議員については50年以上在職の例はなく、創設時から侯爵次いで公爵の資格で在職し続けていた西園寺公望は在任期間がおよそ50年になるが、称号を与えられたかは不明(他に、公爵徳川家達が創設から死去まで49年6か月在任)。なお、閑院宮は在職50年到達時75歳であった。

在職50年に達した議員
議員名 在職期間 在職50年を達成した時期 主な役職
議会 政府
閑院宮載仁親王 55年
(貴族院) 
1940年 - 参謀総長 -
西園寺公望 50年?
(貴族院)
1940年 貴族院副議長 内閣総理大臣 立憲政友会総裁
尾崎行雄 62年8ヶ月
(衆議院25期)
1940年7月 衆議院名誉議員 文部大臣・司法大臣 立憲政友会総務委員
三木武夫 51年6ヶ月
(衆議院19期)
1987年5月 衆議院名誉議員 内閣総理大臣 自由民主党総裁
原健三郎 54年1ヶ月
(衆議院20期)
1996年4月 衆議院議長 労働大臣 -
中曽根康弘 56年5ヶ月
(衆議院20期)
1997年4月 - 内閣総理大臣 自由民主党総裁
桜内義雄 51年6ヶ月
(衆議院18期・参議院1期)
1998年12月 衆議院議長 外務大臣 自由民主党幹事長

地方公共団体の名誉議員[編集]

地方議会においても都道府県ないし市町村条例により、一定の勤続年数と功績のある者あるいは議員待遇者の資格のある者に称号が贈呈され、各種顕彰を受けることが規定しているところもある[2]

商工会議所の名誉議員[編集]

また、商工会議所など稀に企業・団体においても名誉議員の職名をおく場合がある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1953年(昭和28年)7月20日『官報』第7961号「国会事項」および1990年(平成2年)11月30日『官報』号外第518号「国会事項」ほか尾崎行雄については「「名誉議員」意見纏る 議運 理事会」『読売新聞』1953年7月13日朝刊1頁、「名誉議員の称号きょう衆院決定」『読売新聞』1953年7月17日夕刊1頁参照。
  2. ^ 「関宗長氏(県議会名誉議員)死去=茨城」『読売新聞』2015年10月5日東京朝刊茨城東版33頁参照。
  3. ^ 「[訃報]小島周次郎氏 死去=横浜商工会議所名誉議員 /神奈川」『毎日新聞1995年8月26日地方版/神奈川参照。

参照文献[編集]

  • 『毎日新聞』1995年8月26日地方版/神奈川
  • 『読売新聞』1953年7月13日朝刊
  • 『読売新聞』1953年7月17日夕刊
  • 『読売新聞』2015年10月5日東京長官茨城東版

関連項目[編集]