名和田知加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なわた ちか
名和田 知加
プロフィール
愛称 ジャージー名和田[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1985-02-17) 1985年2月17日(34歳)
最終学歴 中央大学文学部卒業
所属事務所 エス・オー・プロモーション
職歴 福島テレビ(2007年 - 2013年)
活動期間 2007年 -
公式サイト エス・オー・プロモーション
担当番組・活動
現在 『アントレプレナーライブ』
過去サタふく』、『弦哲也のFTVカラオケグランプリ

名和田 知加(なわた ちか、1985年2月17日[2] - )は、日本アナウンサー

東京都出身[3]中央大学文学部卒業[3]エス・オー・プロモーション所属。

略歴[編集]

大学卒業後、2007年福島テレビへアナウンサーとして入社。2013年3月に福島テレビを退社[1]。2013年4月からエス・オー・プロモーション所属[3]のフリーアナウンサーとして活動[4]

人物・エピソード[編集]

アナウンサーを志した理由として、大学時代に演劇を学び表現の楽しさを知ったことを挙げている[5][6]

走ることが趣味で、過去にホノルルマラソンを完走している[7]

2011年FNSアナウンス大賞では、番組部門で敢闘賞を受賞。その表彰式に出席するためキー局のフジテレビへ向かう際、新幹線の中で東日本大震災東北地方太平洋沖地震)の本震に遭った[6]

2012年7月21・22日放送の『FNS27時間テレビ2012 笑っていいとも!真夏の超団結特大号!! 徹夜でがんばちゃっても良いかな?』内のFNS対抗企画「FNSアナウンサーがんばった歌謡大賞」で福島テレビ代表として出演し、優勝を果たした[8][9](名和田に取っては2009年の三輪車レースに出場したがリタイアの屈辱を味わったために3年越しにリベンジを成し遂げた)。この番組への出演そして優勝が、福島テレビを離れてフリーになるきっかけとなったと自身のブログで語っている[10]

担当番組[編集]

福島テレビ[編集]

フリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ご挨拶〜福島県民の皆さまへ〜”. アナウンサー日記 (2013年3月31日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  2. ^ 名和田知加 (PDF)”. エス・オー・プロモーション. 2017年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b c 名和田知加”. エス・オー・プロモーション. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ a b 篠田和之の2013年4月1日の発言
  5. ^ アナウンサー紹介”. 福島テレビ. 2013年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  6. ^ a b あらためまして(前編)”. 現役アナウンサー直伝!人前でのプレッシャーをチカラに変えるコミュニケーションレッスン. 2015年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  7. ^ FTVアナウンス・ルーム 名和田知加”. 福島テレビ. 2008年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  8. ^ 皆さまに報告です。”. アナウンサー日記 (2012年7月25日). 2015年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  9. ^ 皆さまに報告です。(パートⅡ)”. アナウンサー日記 (2012年8月20日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月22日閲覧。
  10. ^ 【プロフィール】”. 【勝てる魅せ方】「その他大勢」から一瞬で抜け出す!自分をさらに高く売る人のためのスピード・ブランディング (2015年6月1日). 2018年2月25日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]