名古屋大学太陽地球環境研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋大学太陽地球環境研究所
正式名称 名古屋大学太陽地球環境研究所
英語名称 Solar-Terrestrial Environment Laboratory, Nagoya University
略称 STE研
所在地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市千種区
所長 松見豊
上位組織 名古屋大学
ウェブサイト http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/
テンプレートを表示

名古屋大学太陽地球環境研究所(なごやだいがくたいようちきゅうかんきょうけんきゅうじょ、: Solar-Terrestrial Environment Laboratory, Nagoya University)は、愛知県名古屋市千種区にある名古屋大学研究所全国共同利用研究所でもある。略称STE研

太陽からのエネルギー放射によって起こる太陽から地球までの環境“太陽地球環境”の変動予測に関する研究を行う研究所である。

沿革[編集]

名古屋大学名誉教授の金原淳らの尽力により1949年に設立された名古屋大学空電研究所および、1958年に設立された名古屋大学理学部附属宇宙線望遠鏡研究施設を起源とする。空電研究所は空電即ち雷放電由来の電波の研究を行っていた研究所であった。空電は航空機宛の無線連絡に大きな影響があるというので、その当時(終戦直後)は米軍からも研究の要請があった。

1988年に、空電研究所の第3部門(太陽電波部門)および太陽電波世界資料解析センターが、国立天文台に移管された。残りの部門を改組し、理学部附属宇宙線望遠鏡研究施設と統合することにより、1990年に現在の太陽地球環境研究所が設立された。

2015年に名古屋大学の地球水循環研究センター、年代測定総合研究センターと統合し、名古屋大学宇宙地球環境研究所へと改組した。

所在地[編集]

主な観測施設[編集]

  • 太陽風観測施設を豊川、富士、菅平、木曽に設置し、327MHz帯での惑星間空間シンチレーション観測を行う。4つの観測施設は、太陽地球環境研究所内からモニター可能なため、無人で運用している。
  • 母子里観測所を北海道雨竜郡幌加内町に設置し、大気分光観測および低緯度オーロラ観測、地磁気変動観測を行う。
  • 陸別観測所を北海道足寄郡陸別町に設置し、大気分光観測および低緯度オーロラ・大気光観測、電離圏レーダー観測や地磁気変動観測等を行う。
  • 鹿児島観測所を鹿児島県垂水市に設置し、大気光観測、超長波電波観測および地磁気変動観測を行う。

教育[編集]

名古屋大学理学部・工学部進学者、名古屋大学大学院理学系研究科・工学研究科進学者を受け入れ、学部教育、大学院教育を実施している[1]

学術交流協定関係先[編集]

20の研究機関と学術交流協定を結んでいる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋大学太陽地球環境研究所. “教育”. 2012年2月17日閲覧。
  2. ^ 名古屋大学太陽地球環境研究所. “国際協力”. STE研のしごと. 2012年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]